読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでも夢見る少年でいたい

イラスト、ゲーム、アニメを中心に気になったもの・ことについて書いています。

Unity3Dって素人でも簡単にゲーム作れるの?僕もゲーム(クソゲー?)を作りたい!

ということで、ノリと勢いだけでunityをダウンロードした僕。

そのきっかけになったのは、とあるサイトで見つけた3Dゲーム。

それはアクションとかじゃなくて、選択肢を選んだらどんどんストーリーが進んでいくもので、3Dのキャラが滑らかに動いて感心してしまった。

しかも、それはどこかの会社が作ったとかでなく個人が作っているというのだから衝撃だった。

 

で、その人がブログを書いていたのでそれを読んでいたら「unityで作りました」的なことが書いてあり、そんなものを見てしまうと「これってもしかして僕にも作れるんじゃない?」とか無謀にも思ってしまった。

そして、ブログを読み終えてすぐにunityをダウンロードしていた。

やりたいことがどんどん増えていくんだけど…

このunityの名前自体はもっと前から聞いたりしていたんだけど、それで作られたゲームを体験したのは初めてだった。

しかも2Dじゃなく3Dで作られているところにびっくりした。

今でこそ家庭用ゲームとかでも3Dが当たり前になっているけど、ちょっと時間をさかのぼれば2Dのものが主流だったわけで、それが今や個人で作ることもできるなんて時代の流れを感じる。

 

まぁそんな感慨はおいといて、個人で作れるなら僕も挑戦してみようかなと思ってしまった。

その過程でどれくらい大変なのかもよく分かっていないけど、とりあえずトライするだけならタダだしね。(unityが高機能でありながら大半が無料というのもトライしやすい

そして、希望としては自分で書いたイラストとシナリオを元に、ちょっとしたゲームが作れたら楽しそう。

その前にまずはunityのことを勉強しないといけないから、ドットインストールなんかで使い方を覚えていかないといけないけど。

 

ただ、現状あまりにも時間がなさすぎて unityを触っていられる時間がめちゃくちゃ少ないから、そこを何とかしたいところ。

イラスト制作が主軸であることは変わりないから、隙間時間を見つけながらチョコチョコと進めていく。

 

まとめ

というわけで、これからゆーっくりとゲーム作りも勉強していく。

それこそ簡単なゲームであっても半年とかかけるくらいのゆるさで。

まぁその簡単なものでも半年で作れるのかどうかわからんけど……あとクソゲーになる可能性も大いにある

 

果たして、unity初心者がどこまでのものを作ることができるのか。

とにかくどんな拙い作品であっても完成させることを目標にして頑張りたい。

ゲームに限らず、何かを作り出すのってめちゃくちゃワクワクする。