読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでも夢見る少年でいたい

イラスト、ゲーム、アニメを中心に気になったもの・ことについて書いています。

漫画BLEACHの個人的にお気に入りな名言

漫画 名言

最近、人気漫画の実写化が相次いでいるよう気がするけど、そんな中でハガレン銀魂に続き、僕をびっくりさせてくれたBLEACHの実写化!!

過去記事でもその実写化について触れたことがあるけど、最近はもう「頼む、頑張ってくれ……」という成功を祈る気持ちしか湧いてこない。

映画実写化でお金を稼ぐぞ!今度は「鋼の錬金術師」だぜ! - いつまでも夢見る少年でいたい

金稼ぐのも大いに結構。ただ、頑張ってくれ!

見てよかったと、面白かったと言えるような内容にしてくれ!

もうそれしか望まない。外野がなんだかんだ言っても、実写化が止まるわけでもないし。

 

で、せっかく話題に上がったので、個人的に思い出深い名言(迷言?)を振り返っておきたい。実写映画となった際も言ってくれるのかどうかも気にしておきたい。(映画は一応、見に行くつもり)

織姫「あーあ……」から始まる告白

もう何年も経っているのに一番最初に思い出せる織姫のドキドキな台詞。

あ~あ 人生が5回くらいあったらいいのになあ!
そしたらあたし、5回とも違う街で生まれて、5回とも違うものをお腹いっぱい食べて、5回とも違う仕事して……
それで5回とも…同じ人を好きになる。

f:id:chemi_mizuki:20160819152233p:plain

自身の能力の特異性から愛染に目を付けられた織姫が、最後に一人だけ会うことを許されたときに、傷ついた一護の眠る場所を訪れてのこのセリフ。

このときの織姫の一途さとか、その前後のやり取りとかが凄く印象に残ってて、めちゃくちゃ好きだった。

お別れのキスをしようとしてできないところとかね!

あとおっぱ(ry

 

愛染の圧倒的強者な台詞

一体、いつから錯覚していた?

どや顔の愛染が忘れられない。

あまり強い言葉を遣うなよ。弱く見えるぞ

どや顔の愛染が忘れ(ry

憧れは理解から最も遠い感情だよ

どや顔の(ry

 

でも、3つ目の台詞は当時読んだ時に、「なるほどな……ふっ」とさも悟ったように振る舞っていた。

愛染が破面を率いて、一護らと対決するってなったときはワクワクしたのを覚えている。

 

あとこれらの台詞って至る所で見たから、その分印象にも深く残っているという。つまり、それだけ多くの人の心に残ったセリフだったんじゃないだろうか。

二次創作なんかでは、原作知識持ちのオリ主が頭の切れる愛染をどう切り抜けるかが、一つの山場になってるような気がする。

 

主人公・一護の力強い言葉

はい、そしてようやく主人公の台詞!!

f:id:chemi_mizuki:20160819172622p:plain

もう「何……だと……」は定番中の定番ですね。

 

兄貴ってのが…どうして一番最初に生まれてくるか知ってるか…?
後から生まれてくる弟や妹を守るためだ!!

序盤の織姫の兄貴が、虚となって織姫を傷つけようとしたときの台詞。

序盤序盤、もしかしたら僕が最初にBLEACHで出会った名言はこれだったかもしれない。

 

一護の父・一心の言葉

しっかり生きて、しっかり年喰って、しっかりハゲて。
そんで、俺より後に死ね。
そんで、できれば笑って死ね。

こう言える父親になりたい。そもそも、父になれるかどうかもわからんが!

 

ウルキオラの最後

これが……そうか……この掌にあるものが……心か

ウルキオラ戦もやばかった!

ウルキオラの二段階変身に加えて、一護の完全虚化によるフルボッコ

そして、消え去る瞬間の織姫と言葉を交わして、少しだけ人の心を理解して塵となっていくウルキオラ。最後までカッコよかった。

 

破面一のカッコいい名前

グリムジョージャガージャック!!

もう名前だけでカッコいい。名言でも何でもないけど、語呂も良くてカッコいいから載せておく。

時折、つぶやきたくなる名前。グリムジョージャガージャック!!

 

あと、このグリムジョーの帰刃「豹王(パンテラ)」をパンチラに見えるとか言った人は出てきて下さい。

 

中二心が震えた鬼道

黒白の羅(こくびゃくのあみ)

二十二の橋梁(にじゅうにのきょうりょう)

六十六の冠帯(ろくじゅうろくのかんたい)

足跡・遠雷・先鋒・回地(そくせき えんらい せんぽう かいち)

夜伏・雲海・蒼い隊列(やふく うんかい あおいたいれつ)

太円に満ちて天を挺れ(たいえんにみちててんをはしれ)

縛道の七十七! 天挺空羅!!(ばくどうのななじゅうなな! てんていくうら!!)

「皆にお知らせ―」 って感じで伝えることができる技。

 

君臨者よ!(くんりんしゃよ)

血肉の仮面・万象・羽ばたき・(ちにくのかめん ばんしょう はばたき)

ヒトの名を冠す者よ!(ひとのなをかんすものよ!)

真理と節制(しんりとせっせい)

罪知らぬ夢の壁に僅かに爪をたてよ!!(つみしらぬゆめのかべにわずかにつめをたてよ)

破道の三十三 蒼火墜!(はどうのさんじゅうさん そうかつい!)

 青い炎のビームみたいな感じ。

 

滲み出す混濁の紋章(にじみだすこんだくのもんしょう)

不遜なる狂気の器(ふそんなるきょうきのうつわ)

湧き上がり・否定し(わきあがり ひていし)

痺れ・瞬き(しびれ またたき)

眠りを妨げる(ねむりをさまたげる)

爬行する鉄の王女(はこうするてつのおうじょ)

絶えず自壊する泥の人形(たえずじかいするどろのにんぎょう)

結合せよ(けつごうせよ)

反発せよ(はんぱつせよ)

地に満ち(ちにみち)

己の無力を知れ!!(おのれのむりょくをしれ!!)

破道の九十 黒棺!!!!(はどうのきゅうじゅう くろひつぎ!!!!)

名前の通り、黒い棺に閉じ込めて 押しつぶす。

これが出てきたときは、正直「うひょー!」ってなったよね? 

 

それで二次小説を書くときに、こういうオサレなものを自分でも作り出そうとしてその難しさを知った。久保帯人先生、マジ凄い。

 

斬魄刀始解

BLEACHと言えば、死神たち特有の斬魄刀。姿かたちも能力もそれぞれ色があって、あれを眺めているだけでも楽しい。

そんな中でも斬魄刀始解のときの台詞でお気に入りのもの。

敵は一人……お前も一人。
何を畏れる必要がある……恐怖を捨てろ……前を見ろ……進め……決して立ち止まるな!
退けば老いるぞ……臆せば死ぬぞ……叫べ! 我が名は……『斬月!!』

 

花風紊れて花神啼き(はなかぜみだれてかしんなき)

天風紊れて天魔嗤う(てんぷうみだれててんまわらう)

『花天狂骨』(かてんきょうこつ)

 

万象一切灰燼と為せ(ばんしょういっさいかいじんとなせ)『流刃若火』

 

啼け(なけ)『紅姫』

始解のときの台詞も一々シャレてるから好き。

特に、京極隊長とかは、その姿とか二対の太刀とかが当時ドンピシャに好みだった(飄々としているけど本質を見抜いているとか、強者であるとことか)。

そして、卍解のキメ台詞も良い!

女の情けは如何にも無残 (おんなのなさけはいかにもむざん)

あたける男に貸す耳も無し (あたけるおとこにかすみみもなし)

いとし喉元光るのは (いとしのどもとひかるのは)

未練に濡れる糸白し (みれんにぬれるいとしろし)

せめてこの手で斬って捨てよう (せめてこのてできってすてよう)

無様に絡む 未練の糸を (ぶざまにからむ みれんのいとを)

此にて大詰 〆の段 (これにておおづめ しめのだん)

『糸切鋏血染喉』 (いときりばさみちぞめののどぶえ)

 こういうセリフをバンバン思いつく久保帯人先生は、やっぱり凄いと思う。

 

 最後はポエム集でお別れ

ただ思うがままに感じよう。

もし わたしが雨だったなら それが永遠に交わることのない 空と大地を繋ぎ留めるように 誰かの心を繋ぎ留めることができただろうか 

 

剣を握らなければ おまえをまもれない 剣を握ったままでは おまえを抱き締められない

 

誇りを一つ捨てるたび 我等は獣に一歩近付く 心を一つ殺すたび 我等は獣から一歩遠退く

 

ぼくは ただ きみに さよならを言う練習をする

 

心在るが故に妬み 心在るが故に喰らい 心在るが故に奪い 心在るが故に傲り 心在るが故に侮り 心在るが故に怒り 心在るが故に お前のすべてを欲する

 

僕は ついてゆけるだろうか 君のいない世界のスピードに

 

まとめ

本当はただ織姫の最初の言葉を紹介したかっただけ!!

その織姫の願いが成就された最後は、ハッピーエンド大好きな僕は嬉しかったけどね。

 

あとは実写映画化を別の意味で楽しみにしている!

その頃に覚えていたら、またブログに遊びに来てね。