いつまでも夢見る少年でいたい

イラスト、ゲーム、アニメを中心に気になったもの・ことについて書いています。

英語勉強の日々。おすすめされていた英語の単語帳(DUO3.0)をようやく一周した!

英語をもっと早くから勉強しておけばよかったと、本当に必要になってから後悔したという記事を以前にもあげた。

chemi-mizuki.hatenablog.com

 それでも、その以前から毎日少しずつ勉強することを欠かさず、後悔してからはより一層真剣に取り組むようになった。

と言っても、オンライン英会話を習い始めたとか、そういう本格的なものではなく、基本中の基本である単語学習が中心で、気が向いたときは海外のニュースに目を通すようにしているくらい。

あとは現在、格闘中である某海外のサイトの英文を読んだり、打ち込んだりというのをGoogle翻訳やその他の翻訳を使って学んでいる。

で、その僕がお世話になっている単語帳がアイシーピー出版のDUO(デュオ)3.0というもの。

 一時期、英語熱が高まったときに買って、いつの間にか寝かしてしまっていたけど、それをもう一度引っ張り出してきて続けてきた。

受験のときには、この単語帳のお世話になった人も多いんじゃないだろうか。

例文が地続きのストーリーになっているから分かりやすい

この世にはもう数えきれないほど英語の学習方法が公開されているけど、多すぎてどれが一番いいのかよくわからないので、とりあえず単語の学習をこのDUO3.0を利用してやっている。

 

そして、この単語帳の良い部分は、前後の例文が地続きの短いストーリーで構成されている点だろう。

例えば、トムとジェニファーというカップルがこの単語帳には出てくるだけど、その一文でトムは"Jennifer decieved me!(ジェニファーに騙された!)"と憤慨しながら、友人にそれを報告する(その友人は「彼女を信じるとか馬鹿かよ」と塩対応)。

で、次の例文では、トムはその費やしてきた時間に深く後悔して、結局は破局の道をたどるんだけど、そこまでが短いストーリーとして成り立っているので、分からない単語が出てきても前の例文との繋がりを考えるとある程度予想がたてられたりする。

こういう前後の文章から、ある程度予測を立てるというのは実際に英文に触れる際にも役立つだろうし、たとえ分からなくともその単語が印象に残りやすいと思う。

 

あと単純にストーリーがある分、興味がもちやすい。昔、中学高校で使っていた単語帳はぶつ切りの例文が羅列されているだけだったのを考えると、少しでも興味がもてるようになっているのは大きい。

 

そして、そのおかげもあってか、この単語帳に収録されている例文560個とそれに関係する単語2569個を今回ようやく一周することができた。

でも、これもまだスタート地点でしかなくて、これから二周目へと突入してもっと定着を図りたいと思う。

 

 あー早くスラスラと英文が読めるようになりたい。とりあえず、読み書きをどうにかするのが先決だけど、その中でも特に読みのほうを先に何とかしたい。

今は何をするにもまずは英語で書かれている内容が分からないと先に進めないし、分からない英文が出てきたときはGoogle翻訳を使いはするけど、あれも精度が高いわけじゃないから、ヘンテコな訳になることも多々あってその分時間がとられることも多い。

 だから、最初からそれなりに自分で意味が把握できるようになるのが一番の目標。

 

まとめ

今回、この単語帳を一周できたことで自信もついたので、これからは文法ももう少し力を入れておこうと考え中。

で、ちょっと調べてみると下の参考書が結構おススメらしい。

レビューでも高評価を得ているし、今のところ僕の一番の候補に挙げている。 

 

そして、継続が力になると信じて、これからも英語を勉強する日々は続く。

ゲームの時間を少々削ることになるだろうが、このやる気に満ちているときを利用しないともったいないし、「いつやるの? 今でしょ!(もうこのネタも古いか)」精神に則って頑張る。