いつまでも夢見る少年でいたい

イラスト、ゲーム、アニメを中心に気になったもの・ことについて書いています。

どんなに下手くそなイラストだろうと絶対残しておくべき!

昔に描いたイラストと今を見比べるとかなりの違いがわかって凄く楽しいし、自分の成長具合を確認できる意味でも達成感や満足感を得ることができる。

僕もようやく絵描き歴が1年を超えたところで、この1年それなりにイラストを描いてきたから、モデルとなるキャラが被ることも多くなってきた(好きなキャラを優先して描いていくため)。

 

で、昨日は、久しぶりに「艦隊これくしょん」で一番のお気に入りのキャラである加賀を描いた。

以前、この加賀を描いたのが半年前で、そのときはちょうど艦これの夏イベントが開催されていたときでもある。

chemi-mizuki.hatenablog.com

chemi-mizuki.hatenablog.com

こんな感じで記事にもしている。

本当は別のキャラを描くつもりでいたんだけど、ふと「加賀を描いていないなぁ」と思い出して、「一番のお気に入りなのに描いていないのはダメだ!」と謎の義務感みたいなものに駆られてモデルを彼女にした。

過去絵はどんな形であろうと残しておくと役立つ

そして、モデルが決まったらあとはポーズやらなんやらもすいすいと決まっていき、特に複雑なものも入れなかったからスムーズに描き進めることができた。

テーマは「春」。

f:id:chemi_mizuki:20160318105213j:plain

結構イメージ通りのものが完成したから嬉しかった。

 

で、本題はここから。

この加賀を完成させてから、その半年前に描いた加賀やそれ以上前に描いたものと見比べてみた。

まず、10か月前の加賀。

f:id:chemi_mizuki:20160318105524j:plain

続いて、6か月前の加賀。

f:id:chemi_mizuki:20160318105544j:plain

そして、今回描いた加賀。

f:id:chemi_mizuki:20160318105213j:plain

 

ちょっと大げさに表現すると、自分のイラストなのに感動した!(自画自賛なのはわかっている)

それでも、加賀がちゃんと加賀に見えるということがめちゃくちゃ嬉しい。

これまで積み上げてきたものが、一枚のイラストにしっかりと表れている。それは目のバランスであったり、髪の動きであったり、瞳の描きこみであったり、塗りであったり……

思えば、最初描いていたころは髪の描き方すら分からなくて、他の人のイラストを見てもそれを表現することができなかった。それから少し経って、ようやく描き始められたものも、今から見れば拙いもの。

でも、そこからちょっとずつちょっとずつ積み重ねてきたから、過去のイラストをそんな風に見ることができる。

 

昔の僕は、なぜあんな切れ長の瞳を描いていたのか?

謎だ。本当に謎。

あと、やっぱり顔がでかい。これは加賀に限ったことではなく、他のイラストでもそう。以前、指摘を頂いたときから意識するようになって、ようやくわかったことだけど、とにかく顔がでかい。

もし、あのときに他の人に意見を求めていなかったら、今回のイラストも顔がでかくなっていた可能性がある。

そう考えると、他の人から見るイラストに対する感想って凄く重要だと思った。

本当に感謝しかない。ありがとうございました。

 

自分の成長を確認できるとやる気につながる(まとめ)

という感じで、今回突発的に描いた加賀で過去絵を振り返ったら、色々と思うところがあったので記事にした。

本当に何度も言うけど、

加賀が加賀らしく見えることが嬉しい!

1年間、下手なときでも諦めず描き続けてよかったなとしみじみ思う。

 

そして、これからまた1年、更に1年と積み重ねていったら、もっと上手くなれるだろうかという期待と不安を8:2くらいで抱いている。

今のところの最終目標は、一目見ただけでインパクトが与えられるようなイラストを描くこと。

直近の目標はpixivでデイリーランキング入りとブクマ100を獲得すること。

ブクマ100は現在でもあと少しで達成できそうなんだけど、デイリーランキングはいつになるか未定。

だからこそ、頑張り甲斐もある。

 

イラストを描いていると、どうしても他人の評価が気になったりしてしまうけど、時々自分を昔の自分と比べてみると思わぬやる気につながるかもしれない。

そのためにも過去絵は絶対に残しておくべき!

特にそれが古いものであればあるほど、今と比較したときの満足感や達成感は大きくなると思う。

それにせっかく時間を割いて作った作品なんだし、削除したり捨てるのはもったいない。

ただ、それがいつか黒歴史になる可能性もあるから、そこらへんは自己責任で。

 

イラストは描いている最中も楽しいけど、この見比べているときの楽しさも半端じゃない。