読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでも夢見る少年でいたい

イラスト、ゲーム、アニメを中心に気になったもの・ことについて書いています。

【最弱無敗の神装機竜(バハムート)】4話感想 クルルシファーは異世界人!?それに比べて、ルクスとリーシャはエロスの塊!

「最弱無敗の神装機竜」の4話を視聴。

今回は前回の続きで金髪貴族との決闘のお話になるのかと思いきや、その前に遺跡調査の話でした。

そして、そこで明らかとなるクルルシファーの正体!

f:id:chemi_mizuki:20160202101656p:plain

なんと、彼女は異世界人だった!!

 

ラノベでよくあるのは主人公が異世界人というパターンだけど、バハムートではヒロインの1人が異世界人だと!?

まぁ正確に言うと、「遺跡の生き残り」らしいんだけど、これが指す言葉の意味がよくわからないので、次回を待つしかない。

 

それにしても、金髪貴族がかませになるのかを楽しみにしていた身としては、いきなり暴露された事実に戸惑いを隠せない……まぁラノベだから、いいんだけどね(この言葉でほとんどの事柄は収められる)

新王国王女はやはりただの痴女インのようだ

ルクスが恋人のふりをしている理由がわかったリーシャは安堵する。

そして、そのルクスが早朝からの依頼で疲れていると知り、その疲れを癒そうとある作戦を練る。

f:id:chemi_mizuki:20160202103322p:plain

それは、メイドとなってご主人様(仮)をもてなしてあげようというもの。

そして、当然のようにそれに参加している幼馴染のフィルフィ。

 

リーシャも決して小さいわけではないのに、フィルフィと並ぶと戦力差が歴然である。というか、この衣装で動いたら絶対はみでるよね?

まぁそれはおいておいて、自分から計画しておいていざ実行に移すと、めちゃくちゃ恥ずかしがる王女様が可愛い。

 

しかし、そのリーシャの真の目的は、

f:id:chemi_mizuki:20160202103917p:plain

ご主人様には逆らえないメイドとして、ルクスにやらしいことをしてもらうことだった!!

 

まぁこれはティルファーに吹き込まれたことだったようだが、自分から「多少やらしいことをしてもいい」とか言っちゃうんだから、やっぱり王女様はそういうことを望んでいるらしい。

さすが新王国の王女様! 他とは(エロさの)格が違う!

これなら新王国の世継ぎも問題ないな。よかったよかった。

 

元帝国皇子もやはりただのエロの塊だった

で、場面は夜となり、ルクスは一日の疲れを落とすため浴場へ。

f:id:chemi_mizuki:20160202104958p:plain

そして、気付くと隣にはフィルフィが……

って、こいつはどこでもかんでも唐突に現れるな!

 

フィルフィはきっと凄腕のNINJA。そうに違いない。

じゃないと、ルクスが気づけないはずがない。だって、浴場に入って来たどころか、すぐとなりの湯船につかる瞬間にも気づけないとか、どんだけ隠密に長けているのか。

色香も抜群だし、くノ一として凄いはず。

普段はぼんやりしているけど、夜の顔は冷酷無比とか、そういうのに違いない(ラノベ脳)

そして、しれっと「好きでもない男の子と一緒にお風呂に入ったりしない」と告白するフィルフィ。

こやつ、やりおるわッ!!

 

しかし、これはラノベ主人公に完備されているスルースキルで、華麗にスルーするルクス。

そのルクスですが、フィルフィの体を見ないように両手で顔を隠すものの、

f:id:chemi_mizuki:20160202105941p:plain

欲望に負けてしまって、指の隙間からチラリ。

f:id:chemi_mizuki:20160202110049p:plain

そのまま視線はどんどん下へ向かう。ルクス君、やらしい……やっぱり、前回の更衣室の件はわざとだな!

chemi-mizuki.hatenablog.com

あと、隙間から覗くというこの描写って凄くやらしいな。本当にいけないことしている感じがする。

しかし、ルクスはここでも善人ぶって「これ以上はまずい」と言って視界を閉じる。

 

でも、もうほとんど全部見たんだから、これ以上もくそもないからね?

それに見ないようにするなら、ずっと背中を向けておけばよかったでしょ? なんで、わざわざフィルフィの方を向いて両手で視界を遮るとかするの?

「僕はエロくなんてない。エロくなんてない」と主張したいの?

 

そして、何度も言うようだけど、このエロの塊である元帝国皇子と痴女インである新王国の王女という組み合わせは完璧!!

世継ぎ問題の第一段階はクリア。むしろ、子供がたくさん生まれ過ぎて、後継の争いの方をよく考えておかなければならないと思う。

帝国の復権を願う貴族と新王国での地位を盤石にしたい貴族の間で、神輿として祀り上げられる子供たち。争いはやがて新王国全土を巻き込み、他国の介入により泥沼へ……

これだけでまた新しい話が作れそう(こういう話も大好き)。

f:id:chemi_mizuki:20160202111712p:plain

そして、側室(第三夫人)としてちゃっかり傍にいるのがフィルフィだと思う(笑)。これも絶対たぬき寝入り……そうすることでルクスをおびき寄せたに違いない。くノ一、やりおる。

 

で、ここで少しシリアスになって、ルクスは昔あったフィルフィの右肩の傷がキレイさっぱり治っていることに疑問をもつ。これは、前々回あたりに話されていた人体実験とかが関係しているのかな?

フィルフィの過去が重そうな気がしてならない。そういえば、リーシャも過去は奴隷だったんだっけ? やばいな…ヒロインの過去の闇が深いぞ。

 

遺跡調査で金髪貴族が俺TUEEE

その翌日、ルクスは遺跡調査へ向かうことになるが、ここに金髪貴族が同行することに。

f:id:chemi_mizuki:20160202112538p:plain

その金髪貴族は中々の実力者(トーナメントでも3位入賞)のようで、皆が苦戦するアビスを撃破してみせる。テンプレにあるかませではないのかも……

しかし、あれだけ乱射された銃でも当たらなかったアビスが、ただの分投げられた斧に当たるって滑稽な感じがした。それとも、金髪貴族も未来予知的な何かの能力があるのか。あるいは八百長も少し疑った(笑)

 

その後、倒されたアビスの爆発に巻き込まれ、遺跡に落ちたルクスとクルルシファー。

f:id:chemi_mizuki:20160202113206p:plain

そして、ここでクルルシファーが自分の正体を暴露する。

さらに、黒き英雄を追っていた理由も明らかに……どうやら、クルルシファーはその黒き英雄に対して同族かもしれないという期待を抱いていたらしい。

 

つまり、クルルシファーも機竜の運転に関しては限界がない。いつまでも乗り続けようと思えば乗れるということなのかな。

でも、黒き英雄はルクスだから同族ではなかったということだよね?

 

まとめ

次回は、クルルシファーがこの遺跡にこだわる理由が明らかになるのかな。少し楽しみ。

そして、金髪貴族との決闘が早く見たい!