読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでも夢見る少年でいたい

イラスト、ゲーム、アニメを中心に気になったもの・ことについて書いています。

ブログの勝手な締め付け。周りに遠慮して我慢している自分に気づいた

ブログを初めて半年も経つと、ありがたいことに読者が100人超えたり、それなりの数のアクセスがあったりして、それらが励みになって更新も続いているんだけど、その一方で「多くの人に見られるから変な物書いたり、載せちゃいけない」みたいな感覚に囚われている気がした。

f:id:chemi_mizuki:20160127120544j:plain

いや、自分の作品を変な物って言ったらダメなんだけど、二次絵(特に、それに類するエロい感じの絵)とかって一般的に見たら、「変な物」に入るんじゃないかと僕は思っている(適当な言い方がわからない)。

でも、僕はそれらが好きだから描いている。

そして、pixivやニコ静なんかにはそれを気ままに載せているんだけど、ブログにそれを載せようと思ったとき、なんか躊躇してしまっている。

 

他人の目を気にしすぎなのかもしれない

ブログなんだか好き勝手書いて、イラストだって載せればいいはずなのに、「これを見られたらどう思われるだろう」とか考えてしまう。

だから、せっかく描いたイラストにしてもブログには載せていないというものも多い。

 

そして、最初は「イラストをより多くの人に見てもらうため」に始めたはずのブログも、今では「多くの人に見てもらうためだけ」のブログになってしまっている気がする。

当たり障りのない感想とか、不快に思われないための記事とか、自分の思っていることを書いてはいるんだけど、それもセーブしてセーブして書いているようなものもある……でも、そのおかげ(?)でそれなりのアクセス数とかももらえて嬉しいんだけど、

これってなんか違うのかなと思った。

 

 僕が本当にやりたかったのは、自分の作ったものを紹介したかったんであって、その他の記事よりも最優先にするべきものだったはず。

それを我慢しているのっておかしい、と最近気づいた(笑)

読者100人にしたって、全員が全員ブログを見てくれているわけではないし、そういう記事を上げて検索から訪れてくれた人はそういうのを望んでいるってことだし、もっとオープンにいきたい!

もちろん、Google先生に怒られない程度に…

 

まとめ 

結局、何が言いたかったかというと、もしかしたら、これからエロい絵というか、趣向の偏った絵というか、そんなものを載せた記事をアップするかもしれないから、注意してね!ということ。

 

一応、そういう記事のときは冒頭とかに注意書きみたいなものを挟むから、それでも先に読み進める場合は自己責任でお願いします。

でも、Google先生がお叱りになる場合は潔く別ブログを立ち上げるつもり。

 

もうちょっと自由にブログをやっていく。