いつまでも夢見る少年でいたい

イラスト、ゲーム、アニメを中心に気になったもの・ことについて書いています。

自分を褒めながら頑張る自分が好き。ジョギングをしてわかったこと。

昔からよく体を動かしていた名残なのか、時折、めちゃくちゃ運動をしたくなることがある。いつもなら筋トレを行って、その運動欲みたいなものを発散するんだけど、それでも物足りないときはとりあえず走る。

f:id:chemi_mizuki:20160125121608j:plain

で、この欲は突発的に湧きあがるから、それが湧きあがったときはすぐに実行に移すようにしている(時間的に難しかったら我慢するけど)。

これを放置していると、なぜかイライラしてきたりするし。

そして、昨日も大寒波が襲い掛かっている中、ムクムクとその欲が湧きあがって来たので外へと飛び出した。

10分もしない内に足が重くなり下半身がきしむ

でも、僕は普段の生活の中で長距離を走ることなんてないから、すぐに体が悲鳴を上げ始める(笑)

足とか重すぎて、自分が思い描いているフォームとは程遠い動きしかできないし、息が苦しくて辛い。

でも走る。苦しいけど走る。

 

なぜなら、その苦しさが気持ちいいから!!

f:id:chemi_mizuki:20160125122950j:plain

もちろん、走っているときは辛くもあるんだけど、不思議と足を止めようとは思わない。まぁ、「もう限界」ってなったらさすがに無理はしないけど、そこに達するまではひたすら走る。

 

多分、僕は体をいじめるのが好きなんだろう。日に分けて行う筋トレも「太らないために」というよりも「耐えられるか耐えられないかのギリギリ感を味わうために」やっているという感じだし。

そのついでにストレス発散&筋肉質の体が手に入るのだからお得感もある。

 

あと頑張ってる自分が好きなのかもしれない……誰かに褒められることはないけど、自分で褒めることはできるから。

ジョギングで一度も歩かず走り切れたら「よく頑張ったな、俺!」と自画自賛するし、筋トレは辛くなってからの数回をやり遂げたら「よくやった、俺!」と褒める。

 

これは何も運動だけに限らず、趣味のお絵描きなんかもそう。「うまく描けたな。次はこれに挑戦してみよう」とか「新しい塗り方に挑戦したんだね。描ける絵の幅が広がるぞ」とか、とにかく何かを頑張っているときの自分が好き。

 

と、こんなことを書いているとナルシストなのかなとも思う(笑) まぁ実際そうかもしれない。

 

でもジョギングを続けるつもりはない

で、このジョギングをやり終えたあとに運動不足(有酸素運動不足?)なのを実感するけど、それを続けようとは思わない。

なぜなら、やることは他にもたくさんあるから!

というか、今一番頑張りたいのが他にある。それはイラスト制作。

ジョギングに費やす30分から1時間を作るぐらいなら、その時間はその練習に充てる!!

 

多分、これからもジョギングすることはあるだろうけど、それは僕にとって、異様に高まった運動欲を発散するために行うものだから。

別にもっと早く走れるようになりたいとか、体力をつけたいとか、普段からスポーツを嗜んでいたら思っただろうけど、今は特に何もやっていないから構わない。

家で筋トレしながらプルプルする、それで大抵は満足できる。

 

まとめ

なんかまとまっていない記事になってしまったような気がする。

最近はアニメの感想記事以外も挑戦したいと思って、色々書いているのだけど中々難しい。

でも心の中では「よく挑戦したな、俺!」って褒めてる! 自分で褒めるだけでもモチベーションはあがるしね。

 

そして、今日も腕が上がるか上がらないかの瀬戸際であと3回の腕立て伏せをする。