読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでも夢見る少年でいたい

イラスト、ゲーム、アニメを中心に気になったもの・ことについて書いています。

【無彩限のファントム・ワールド】3話感想 川神舞は過去の記憶を思い切り美化していた件

2016冬アニメ 2016冬アニメ-無彩限のファントム・ワールド

「無彩限のファントム・ワールド」3話を視聴。今回は舞の過去に焦点が当てられたお話でした。

f:id:chemi_mizuki:20160121091534p:plain

明るく活発な舞ですが、本人によると「幼い頃は引っ込み思案で初対面の人とは目も合わせられなかった」とのこと。

現在のエロ……快活な様子からは全く想像できないし、その点に関しては晴彦に同意。

ということで、舞先輩! 僕にもプロレス技をかけていただけませんかね!

 

でも実際は全然そんなことはなく、今の舞がそのまま小さくなったという感じだった。さらに、子供にありがちな「加減を知らない」というのが合わさり、ちょっとした怪獣に見えた。

舞先輩、いくらなんでも思い出を美化しすぎでしょ(笑)

 

橋に現れるファントム退治

今回は先生からの指示で「橋で通せんぼをするファントム」の退治をすることになった3人。

f:id:chemi_mizuki:20160121092641p:plain

その3人を尾行する可愛い人影が一つ。

f:id:chemi_mizuki:20160121092722p:plain

1話で少し登場していた熊枕久瑠美とそのぬいぐるみ(アルブレヒト)。どうやら、彼女は晴彦たちに興味津々のご様子。

でも、この人形だけ覗いているというシーンはちょっとホラーにも見える。

舞の対面には晴彦が座っていたし、晴彦は何も思わなかったのだろうか? 僕ならぎょっとしそうだけど……

 

そして、問題の場所に到着する3人(と1人)。するとすぐさまファントムが現れる。

f:id:chemi_mizuki:20160121105032p:plain

ファントム可愛いー!!

こんなファントムなら通せんぼされても構わない! なんなの! まろ眉の美少女めちゃくちゃ可愛いじゃん! 耳がちょっと尖がってるのも可愛い!

そして、このファントムがかなり強い。数的不利というのもあって、舞は苦戦。一行は一時撤退を強いられることになる。

で、何度も疑問に思うんだけど、玲奈の吸い込みで一気に片をつけることはできないんですかね? 何か制約でもあるのか。それとも本人の心情によるものなのか。

 

とにかく、撤退させられた晴彦らは対策を練る必要に迫られる。

 

舞の記憶を移植して即席での戦力アップを図る!

ファントムは舞同様の強さを有しているため、舞でも1体を相手するのが精いっぱい。ならば、舞と同じくらいの戦力を持っている人間をもう1体にぶつければいいと結論づける。

その結果が晴彦と玲奈の特訓。

f:id:chemi_mizuki:20160121094820p:plain

2人を鍛え上げて、舞同様の拳法使いにしようと企む。

まぁこの時点で、この方法がうまくいかないのはわかりきっている。晴彦なんて走り始めたときから、これだけ距離を開けられているし、元々運動神経ゼロだから無茶以外の何物でもない。

f:id:chemi_mizuki:20160121095133p:plain

でも、玲奈の可愛い姿が見れたからグッジョブと言っておこう。それにしても、玲奈はお姉さま(舞)大好きすぎる。

そのうち、Twitterとかで舞と玲奈の百合画像がアップされてもおかしくはない!

僕は百合を描くことはないけど、見るのはまぁ好きなので待っている! どんとこい!

f:id:chemi_mizuki:20160121095427p:plain

晴彦と舞がじゃれ合っているのを見てむくれちゃう玲奈。

 

で、晴彦はというと、これ以上の特訓には耐えられそうにないため、とんでも理論を口にします。

それは「舞の記憶をコピーして労せずして戦力アップを図る」というもの。

普通ならこれを聞いても一蹴されるのがオチだけど、なんとそれを偶然聞いた顧問の姫野アリスは「一考の余地あり」と判断。

 

その理由としては、晴彦がファントムを召喚できるという能力に関係しているらしい。

ファントムはこの世ならぬ場所にあって、それを召喚できる晴彦は、同様にこの世ならぬ場所にあるとされている人類の記憶サーバにアクセスできるのでは、と。

さらに、阿頼耶識社の研究スタッフも務めている姫野は、大いに興味をひかれる部分でもあったようで、先生の言ということもあり晴彦の案を採用することになる。

f:id:chemi_mizuki:20160121100519p:plain

 

記憶の同期の鍵は同じ記憶を共有?

そして、そこからは姫野の推測による記憶の同期を行うための実験が始まる。

そのため、舞と晴彦は舞の幼い頃の記憶を共に経験することになる。それは一見するとデートにしか見えず、

f:id:chemi_mizuki:20160121100932p:plain

またしてもふくれる玲奈。可愛い(笑)

 

一方で乗り気でなかった晴彦と舞も、なんだかんだで楽しく…

f:id:chemi_mizuki:20160121101142p:plain

楽しく……過ごしていた!! 晴彦もぼけっとしているようで楽しんでいた、はず!

でも、こういう表情を本当のデート中にしていたら絶対彼女が怒り出すからね。逆も然り。

 

で、そのデートの最後にちょっと気になったのが舞の行動。

晴彦と舞は展望台で夕焼けを見ていたとき。

f:id:chemi_mizuki:20160121101809p:plain

晴彦をチラ見した舞が後ろ手に少しモジモジするんですよね。

これを見た瞬間、ラブコメの波動を微かに感じた気がしたんだけど、どうなんだろう。ただの気のせいだろうか。

このとき、舞が何を考えていたのか非常に気になる!

ブコメ大好きな僕としてはぜひラブがコメってほしい…特に舞の可愛い仕草が見たいんだ!

 

美少女ファントムとの再戦!

その後、ファントムの再戦になるわけだけど、記憶の同期ができていない晴彦がファントムを相手するのは荷が重く、その晴彦に気を取られた舞もまた手痛い一撃をもらってしまう。

そして、戦闘中に偶然にも互いに頭がぶつかる晴彦と舞。

f:id:chemi_mizuki:20160121103046p:plain

それがキッカケとなり記憶の同期ができ、晴彦に舞の拳法がインストールされます。

と同時に、舞の幼い頃の記憶にあったファントムとの交流も晴彦は知ることになる。

しかし、肝心の舞はというと、晴彦からその事実を聞かされてもピンとこない様子。

f:id:chemi_mizuki:20160121103319p:plain

やだ……脳筋ポンコツ娘、可愛い。

 

そして、舞が昔のことを覚えていないと知ったファントムが、その当時の記憶を映像として見せてくれる。

f:id:chemi_mizuki:20160121103613p:plain

そこにはガキ大将川神舞がいた!!

舞先輩、いくらなんでも記憶をねつ造しすぎじゃないですか! ファントム泣かせてるじゃん! 内気とか引っ込み思案とか全くのウソじゃん! 

これ、親戚相手にも本気パンチや本気キックを食らわせて、ケタケタ笑ってるタイプの子供でしょ!

  

それにしても皆可愛いな(結局そこに行き着く)

 

で、この当時、修行中だったファントム達は負けたことを悔しく思い、ずっと鍛錬に励んでいたとのこと。

そして、再び舞と戦うために騒ぎを起こしたらしい。

ファントムが出現した原因、川神舞(笑)

でも、そういう理由で現れたのなら解決の方法もわかりやすい。言動から見ても、悪いファントムではないようだし、舞と再戦できればこの騒ぎも収まる。

 

そして、何より今は舞の記憶をインストールしてパワーアップした晴彦もいる!

f:id:chemi_mizuki:20160121105200p:plain

まぁ体力面ですぐにギブしちゃったけど(笑)

その間、舞はまたしても2体のファントムの猛攻をうけることに。

f:id:chemi_mizuki:20160121105406p:plain

晴彦、無能wwww

 

かと思いきや、この後に五行の力で相手の隙を作り、ついには舞とともにファントムを打倒することに成功する。

晴彦、有能(テノヒラクルー)!

 そして、倒されたファントムは当然姿を消していくけど、それは消滅するというより、自ら姿を隠していくような感じだった。

でも、僕としては美少女ファントムに消えてほしくなかった!!

f:id:chemi_mizuki:20160121110048p:plain

晴彦! こういうときこそ何らかの方法で契約して、安倍晴明の前鬼後鬼みたいにこの美少女を使いこなそうぜ!

正直、あのワンコよりこの2人を召喚してほしい!

こんなに可愛いのに1話限りの登場なんて……

 

まとめ

 今回も最高だった! 何といってもファントムが可愛かったし!

f:id:chemi_mizuki:20160121110844p:plain

 舞先輩に関してもセクシーシーンはなかったけど、その代りに個人情報が手に入った。

川神舞、小5でブラを着用し、現在バストは90超え。晴彦、グッジョブ!

 

それと最後の玲奈の言葉は少しきになった。

舞お姉さまと晴彦君、それにルルちゃんはまるで仲の良い家族のようで。私も……私もいつかもっと親しくなれるのかしら?

ふと、そんなことを思った私でした。 

今でも仲良く見えるけど、まだ壁があるとかそういうことなのかな?