読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでも夢見る少年でいたい

イラスト、ゲーム、アニメを中心に気になったもの・ことについて書いています。

【監獄学園(ドラマ)】8話感想 キヨシと花の濃厚なやり取りが見物!でも残念ながらメデューサは再現されませんでした。

ドラマ ドラマ-監獄学園

8話は理事長から1日のチャンスをもらった男子たちが、脱獄をかけてどうにか証拠を掴もうと奮闘するというもの。

そして、この回の一番の見どころは、何といっても花とキヨシの意地とプライド(と痴態)をかけた大勝負でしょう。

アニメではその部分が見事に描かれていたので、ドラマでの仕上がりが不安でしたが、中々上手く出来ていたんじゃないかな、というのが僕の感想です。

chemi-mizuki.hatenablog.com

 

chemi-mizuki.hatenablog.com

 しかし、あの強烈なインパクトを残していったメデューサは、さすがに再現されていませんでした(当たり前ですが)。

 

中川大志さんの演技が面白い!!

回を追うごとに、中川大志さん演じるキヨシが面白く見えてきました(褒めてます)。

今回は下着までずり下ろして用を足そうとするシーンやペットボトルを股間にあてて花に迫るシーン、濃厚なキスシーンなど中々濃いシーンの連続でしたが、それを見事に演じられており、変態度マックスの異様な空間が上手く表現されていました。

 

その中でも特に僕が気に入ったのは、花との激しいキスをかわす最中のキヨシのカメラ目線。

決め顔で花を攻略していく感じが好きでした。

 

そして、そのキスシーンについてですが、

とにかく長い!!(笑)

もうキヨシが花を蹂躙するかの如く、攻めて攻めて攻めまくるキスは、アニメ同様、時間がたっぷりととられたシーンだったのですが、アニメ以上に長く感じました。

その間、ぶちゅぶちゅ(チュッチュどころじゃない)とキスしまくる二人。

それを見せつけられる僕は、なんとも言えない気分になりました。

 

あんなに長いキスシーンは久々に見た気がします。

しかも色気もへったくれもないキスです。

で、なぜ僕がそういう気分になったのかとよくよく考えてみると、そのキスシーンが付き合い始めた高校生同士のキスを見ているかのように感じたからかもしれません。

男の方が初めて体験するキスに夢中になってしまい、女の子は為すがまま……みたいな。

まぁ僕が個人的にそう思っただけなんですけど、久々のキスシーンはかなり衝撃的でした。親と一緒に見ていたら、気まずくなること間違いなし!!

 

そして、これで花ちゃんがもっとハマり役だったら文句なしだった!!

 何度も言ってしまってすいません。しかし、花ちゃん好きとしては、本当に気になって仕方がないんです。

演じられている森川葵さんは可愛いと思います。

でも、花ちゃんではない!! なんか違う!!

そういう思いが花の登場する度に湧きあがってきて、最高の出来だったとは言えませんでした。

 

 

気になっていたメデューサの表現や泣きの演技

f:id:chemi_mizuki:20151214104410p:plain

アニメ版ではもろにメデューサを描写していましたが、そこをドラマ版ではどうするのかと気になっていました。

しかし、そこは特に凝った演出はされていませんでした。

まぁ当然と言えば当然なのですが、マンガでもアニメでも結構話題になっていたシーンだったで、何らかの表現は入れてくるのかと若干期待もしてしまっていました。

なので、楽しみにしている方はキヨシの表情を楽しんであげてください(笑)

 

あと、全く泣けていない泣きの演技。

杏子がシンゴに自らの役割を告白するシーンもそうだったのですが、全く泣いていない!!

ただ声だけ泣いているというので、ウソ泣きにしか見えませんでした。

泣きの演技は難しいとよく聞きますが、こういう部分を見るとちゃんと「泣く」「悲しむ」という表現をやってのける俳優さん、女優さんは凄いものだなと思いました。

 

 

まとめ

ドラマ監獄学園も残すところ、あと1話となりました。

最終回がどうなるかはもう分かっているので、特にワクワク感などもありませんが、ここまで見て来たので一応視聴して感想も書きます。

一応、見所として期待したいのはガクトのパンツ一丁での爆走でしょうか?

 

終わり良ければ全て良しとも言いますし、一番の盛り上がりを見せてもらえると嬉しいです。

 

 

監獄学園 プリズンスクール Blu-ray BOX

監獄学園 プリズンスクール Blu-ray BOX