読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでも夢見る少年でいたい

イラスト、ゲーム、アニメを中心に気になったもの・ことについて書いています。

【落第騎士の英雄譚】8話感想 黒鉄一輝VS倉敷蔵人!綾辻の剣・天衣無縫がうなる!

今回は倉敷との戦闘がメインでした。

意外にも早くやってきたこの戦いに少しびっくりしましたが、題名が「剣士殺し」で続いているところから予想することも可能でしたね。

 

また第一印象がただのDQNだった倉敷ですが、今回の戦闘でバトルジャンキーの性質も加えておきたいと思います。あとこれは一輝にも。

 

そして、二人が笑みを浮かべながら剣を競い合う姿を見ていると、倉敷の印象が改善されるという不思議な現象。最初が最底辺だっただけに、少し真剣な姿を見せれば評価が簡単にあがります。

ヤンキーが雨の中で子猫を拾う現象とでも名付けておきましょう。

  

黒鉄一輝 VS 倉敷蔵人

絢瀬の力になると約束した一輝は、綾辻一刀流の元道場に向かいます。

その際に当時の絢瀬父(以下:海斗)と倉敷との戦いについての話を聞く一輝とステラ。

 

病気を患っていた海斗は、娘である絢瀬に綾辻一刀流を託そうと厳しい指導にあたっていました。

そんな中で道場破りとして現れた倉敷

 

僕はこれを聞いて「どうせデバイス使って、その力量差をもってなぶり殺したんだろう」と疑っていましたが、その内容は真剣勝負そのものでした。

f:id:chemi_mizuki:20151122124130p:plain

倉敷はデバイスの使用をせず、海斗と同じ木刀一本で立ち合い。そして、剣術のみで海斗を破ったとのこと。

そして、両者ともその勝負を楽しんでいました。

その戦いを見てわかったのが、倉敷は第二の桐原君ではありませんでした。まぁ言動は粗野ですが、勝負ごとには真面目というか…

しかし、だからと言ってDQNな行動を忘れることもできず。なぜか、ボクシングの亀○兄弟をちらっと思い出しました。

 

そして、その勝負ですが、もし海斗の最後の一撃が決まっていたら、結果は逆になっていたかもしれません倉敷綾辻一刀流入門ルートとか面白そう。転生モノで誰か二次小説を書いてくれないだろうか)

f:id:chemi_mizuki:20151122124232p:plain

海斗の繰り出した綾辻一刀流の奥義、天衣無縫。しかし、それは不完全な形で終わってしまいました。

その後、倉敷はずっと道場を占領するわけですが、それは誰かに対する嫌がらせというよりも、再び道場を取り返しにくるであろう海斗あるいは絢瀬の天衣無縫を正面から打ち破りたかったからかもしれません(のちの一輝との勝負中に、ラストサムライに憧れていた的なことも言ってましたし)。

 

しかし、絢瀬の目にはただの野蛮な暴力にしか見えなかったようです。憎々しげにそのときの様子を語っていました。

それを聞いていた一輝は少し違った印象を持ったようでした。それはのちの倉敷の戦いで確証へと変わります。

 

そして、道場に着いた3人。

一輝はとりあえず取り巻き連中をワンパンで沈め、道場の主となっている倉敷と再び対面します。

 

要件は道場を取り戻すための勝負。今度は絢瀬側からの道場破りというわけです。

 

ここで問題となるのがデバイスの使用ですが、認可を受けた道場でなら、道場主が許可すればデバイスの使用が可能になるようです。

バトルジャンキーな倉敷が一定の実力を見せた一輝との勝負を避けるはずもなく、互いにデバイスを呼び出します。

f:id:chemi_mizuki:20151122124311p:plain

か……カッコいい!! デバイスの呼び出し方からして、かなりの強キャラ臭がします!!

桐原君とは全然違う!!

f:id:chemi_mizuki:20151122124341p:plain

久しぶりに画像を見返しましたが、相変わらず憎たらしいですね(笑)

 

そして、二人の戦いが始まるわけですが、蛇腹剣とでもいいましょうか……倉敷の変幻自在の剣の前に防戦一方となる一輝。

f:id:chemi_mizuki:20151122124400p:plain

倉敷の「剣士殺し」の異名は、このアウトレンジからの攻撃も可能とする蛇腹剣(大蛇丸)から来ています。

しかし、一輝もそれでやられるほど弱いはずもなく、パーフェクトビジョンを使って反撃に出ます。

 

そして、直に戦ってみてようやく理解できてきた全国レベルの実力。

f:id:chemi_mizuki:20151122124416p:plain

その全国でベスト8だった倉敷の持ち味は、常軌を逸した反応速度でした。

常人なら0.3秒、一輝らでも0.1秒が限界のところを倉敷は0.05秒で反応してみせます。これによって、一輝が一つのアクションを起こす間に、倉敷は2つのアクションを起こすことができ、それは一瞬の攻防が勝負をわける戦闘において絶大な効果を発揮します。

倉敷はこれを「マージナルカウンター」と名付けていました。

 

さらにこれを活かして苛烈な攻撃を見せる倉敷。それによって徐々に追い詰められる一輝。

 

しかし、一輝はそれで怯むどころか、楽しんでいました。

 

 

剣士として

強敵と戦えること。

それは剣士として最高に心が震える瞬間なのかもしれません。

 

そして、それはラストサムライと呼ばれた海斗も同じ。

しかし、絢瀬には追い詰められた一輝が以前の父の姿と重なり、思わず戦闘を止めさせようとします。それを押しとどめたのはステラ。

 

それで冷静になった絢瀬は、ようやく一輝が笑っていることに気づきます。

 

目の前の強い奴に勝つ。そこには純粋な闘争心のみが存在していました。

そこで絢瀬が思い出すのは、父と倉敷との戦い。

f:id:chemi_mizuki:20151122124544p:plain

門下生を傷つけられた怒りはあったにせよ、それでも父も一輝と同じようにこの戦いを楽しんでいたのではないか。過去の栄光の中で朽ちていくラストサムライ、それに真っ向から向かってきた倉敷の姿が嬉しかったのではないか。父はただ無念の中に倒れたのではないのではないか。

その事に思い至った絢瀬は涙を流します。

f:id:chemi_mizuki:20151122124559p:plain

 

そして、戦いはいよいよ佳境へ。

倉敷のマージナルカウンターは防ぐことが難しいものですが、弱点もありました。それは常人の何倍もの速度で動くことからくるスタミナ切れ。

耐えに耐えた一輝はこの瞬間を待っていたようでした。

そして、つばぜり合いの最中、一輝は一つの問いを投げかけます。

f:id:chemi_mizuki:20151122124623p:plain

僕たちが憧れたあの偉大な剣客は、今の僕らのように笑えていたかい?

f:id:chemi_mizuki:20151122124630p:plain

くだらねえ。こんな熱い試合を楽しめねえヘタレが、ラストサムライなんて呼ばれるはずがねえだろ!!

 

倉敷がどんどん一輝の良いライバルとなっていく!!そして、桐原君の霊圧は消えたッ!!完全に消えた!!!

 

互いにここを勝負所だと感じた一輝と倉敷

f:id:chemi_mizuki:20151122124821p:plain

倉敷の圧倒的ラスボス感。ここの映像は全てモノクロとなっており、それがまたいい味となっています。こういう演出大好きです。

それを迎え撃つ一輝の姿に、海斗をだぶらせる倉敷

f:id:chemi_mizuki:20151122124843p:plain

そして、一輝から放たれた一撃は、あの日不完全のまま終わってしまった綾辻一刀流の奥義・天衣無縫でした。

f:id:chemi_mizuki:20151122124859p:plain

しかし、残念だったのが、この天衣無縫の画が凄くシュールに見えたこと。

倉敷の攻撃を砕いていたところからもこの技が凄いことはわかるんですが、いかんせんただの突きにしか見えず、動きがないんですよね。

もっとこう……シュババッと切りつけたりしてくれたら良かったんですが、剣を前に構えて突進という極めて単調なものでした。まぁ奥義に余計な小細工は必要ないと言われたらそれまでなんですが、「もうちょっとカッコよかったらな」と思いました。

 

そして、肝心の勝負はというと、一輝の天衣無縫が見事に決まり、倉敷はデバイスを自ら消してしまいます。そして一輝の名前を再度聞き、「続きは剣舞祭でだ」と言い残し去っていきます。

f:id:chemi_mizuki:20151122124931p:plain

これが桐原君の場合なら、「完全な負け惜しみwwwざまぁww」とか言うんですけど、この倉敷にはそんな言葉はかけられませんでした。

倉敷DQNでバトルジャンキーの変態なのに、カッコよく見えてしまう。悔しい。

 

そして、無事看板を取り戻せた絢瀬たち。

ただ気になったのが、綾辻一刀流の奥義を実際に見たこともない一輝が簡単にやってのけたことです。

なんか一刀流の真髄が浅く見えてしまったのは僕だけでしょうか?

一輝は「絢瀬が海斗の剣術を覚えていたからだ」と言っていましたが、なんかモヤモヤ。剣術の真髄軽すぎない?

それとも、絢瀬の動きからその真髄を悟った一輝が凄すぎるってことなんですかね。

あと天衣無縫って聞くと、どうしてもテニスならぬテニヌの王子様が真っ先に思い浮かんでしまいました。

 

 

今週のステラさん

今回も全然脱いでくれなかったし、笑いもとらなかったステラさん。

f:id:chemi_mizuki:20151122125024p:plain

彼氏のカッコいい姿にドヤ顔をしてみせるのが可愛かったです。

 

 

まとめ

終わりには海斗も無事意識を取り戻し、絢瀬の問題もこれで解決。で、これを機に一輝が気になり始めてしまうんですね? わかります!

早く絢瀬の慌てふためく姿が見たいです。

 

あとワンシーンだけ登場した珠雫と有栖

f:id:chemi_mizuki:20151122125101p:plain

相変わらず仲がよろしいようで、もうこの二人は付き合った方がいいと思うんだ。有栖なら珠雫を幸せにしてあげられるはず。

 

で、次回は「皇女の休日」となっているのでデート回とかそんなんでしょうか?

そこで謎の集団に襲われて剥かれてしまう……なんかデジャヴ。3話以来、あの謎の集団も登場していませんし、そろそろ出番なのかなと思ってみたり。

 

なんだかんだでもう8話。最初は内容がダダ被りで有名となった作品でしたが、それがキッカケで視聴し始めたみたいなものなので、どんな形であれ話題になることは必要だなと思いました。

あとは内容がしっかりしていれば、見続ける人も多いですからね。

このまま最終回まで失速せずにいってもらいたいです。

 

 

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) 文庫 1-7巻セット (GA文庫)

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) 文庫 1-7巻セット (GA文庫)

 

 

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)8 ドラマCD付き限定特装版 (GA文庫)

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)8 ドラマCD付き限定特装版 (GA文庫)