読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでも夢見る少年でいたい

イラスト、ゲーム、アニメを中心に気になったもの・ことについて書いています。

サッカー日本代表のシンガポール戦(2015/11/12)の感想

スポーツ スポーツ-サッカー

昨日は無事勝利で終えることができた日本代表。

前半の動きの良さを見ていると大量得点による圧勝が期待されましたが、終わってみると後半に何とか1点をとって、3対0でしたね。

FW金崎夢生(かなざき むう)選手や柏木陽介(かしわぎ ようすけ)選手という新たに招集されたメンバーの活躍を見れたのは、大きな収穫だったと思います。

 

しかし、一方で後半の失速感や決定力不足(決めきれない)も目につきました。

というか、日本代表の永遠の課題である決定力不足を解消できる日がくるのか。もうこれは解消されることがないんじゃないか。

最近はそんな感じで試合を見ています。

 

新たな選手の躍動

今回は金崎選手が約5年ぶりの代表招集、柏木選手が約3年ぶりの代表招集となり、二人とも先発出場をしていました。

 

そして、彼らは揃って結果を残してくれました。

金崎選手は胸トラップから左足を振りぬき代表初ゴール。あれはかなりうまいシュートだったと思います。さらに、終盤までさぼることなく足を動かし続けていた点も良かったです。

できることなら、もうワンゴールとれたかなと思ってしまいますが、相手を背負ってボールコントロールができるなど自分の持ち味を発揮できていたので、今後のプレーがさらに楽しみになりました。

今までの日本代表ならワントップは岡崎選手というイメージが強かったですが、ロシアW杯を見据えるなら若い選手の育成も必要でしょうし、ぜひ岡崎選手に取って代われるぐらいの活躍を見たいです。

 

で、今回の試合で最も輝いていたのが柏木選手。

これは個人的な感想ですが、パスセンスと豊富な運動量で大いに試合に貢献していました。コーナーキックでは精度の高いキックも見せてくれましたし、日本代表の攻撃の起点となっていたと思います。

ボランチは中々目立たないポジションではありますが、攻撃の起点となる重要なポジションです。そこがしっかりと機能していたからこそ、前半の素晴らしい攻撃の数々が生まれたのでしょう。

もっと彼のプレイが見てみたいと素直に思いました。

 

 

前半は上々、後半はダメ

前半は皆が連動して、本当によく動けていました。

2得点とも流れの中で奪えた得点ですし、どこの位置でもトライアングルを作るような形でフォローができていたし、その後の走り出しも早かったです。

それだけの動きがあったからこその得点だったと思います。

守りに入ってくるシンガポールを見事に打ち破れたときは、正直ほっとしました。

 

しかし、後半は一転してスタミナ切れをした選手が多く、足が鈍っていました。

特に気になったのが本田選手。日本の中心選手なので注目してしまうというのもありますが、それにしてもひどかったです。

元々、足元にボールを持ってプレーするスタイルだとは思いますが、味方が近くでプレイしているのにそれに関与しようとしない。走らない。

前半でまるですべてを出し切ったかのようで、足が動いていませんでした。

暑さとか、その他色々な要因があったのかもしれませんが、後半の早い段階から動けなくなるのはいただけません。

 

しかし、日本にとっては本田選手が必要なのも確かです。ここがもどかしいところ。簡単に替えられないので、足が止まろうが使うしかありません。

本田選手自身、プレイ内容に納得していなかったようで、試合後のコメントもそれについて反省していました。ただ、こういうコメントって別に興味なくて、プレイで示してもらいたいと思っています。

 

あと、最近の日本代表で右サイドバック酒井宏樹選手が、起用されているのが疑問です。

僕の見方が穿っているのか、彼が素晴らしい働きをしているところを見たことがありません。今回の試合でもクロス精度は悪かったですし、走り出しも遅い。良い所がほとんどなかったように思えました。

しかし、毎回試合には起用されています。本当に不思議です。

これなら、柏木選手や金崎選手のようにJリーグから誰かを引っ張ってきてもらった方がいいのに、と思わずにはいられませんでした。

 

あと野球と丸被りだった今回の試合、視聴率は野球の方が高かったらしいですね。

まぁ見ていても熱狂する!というような試合じゃなかった以上、仕方がないことかもしれません。

 

 

まとめ

最近の日本代表に特に大きな期待を寄せることがなくなりました。

だから、得点をとっても大きく喜びはしませんし、ピンチになっても手に汗を握ることがありません。

日本代表には、もちろんW杯に出場してもらいたいという気持ちはありますが、たとえ出場できてもこのレベルならまたすぐ敗退するんじゃないだろうか、と冷めた気持ちもあります。

 

昔はもっと一喜一憂していたのに、この気持ちの変化が何なのか自分でもわかりません。

 

最終予選になったら、もっと熱が入るのか……ワクワクするような試合が見たい。