いつまでも夢見る少年でいたい

イラスト、ゲーム、アニメを中心に気になったもの・ことについて書いています。

【監獄学園(ドラマ)3話感想】話題になった「○○MP3」も登場!キヨシ(中川大志)とガクト(柄本時生)も見慣れてきて、ドラマの楽しみ方もわかってきました!!

今回はキヨシがガクトの協力を得て、脱獄を果たす回でした。

f:id:chemi_mizuki:20151109082109p:plain

千代役の武田玲奈さんに続き、キヨシ役の中川大志さん、ガクト役の柄本時生さんの二人もだいぶ見慣れてきました。

そして慣れてくると不思議なもので、それなりに楽しむことができるようになってきた気がします。

 

今回は男同士の濃厚な絡み?とアニメでも大いに沸いた「う○こMP3」が見どころでした。

このどちらも実写になると、より生々しく感じられたのは気のせいではないでしょう。

特に、脱糞の音源がアニメよりも気合いが入っていたような気が……

 

 キヨシとガクトの共同作戦

ガクトに脱獄がばれたキヨシですが、ガクトはガクトで脱獄をしたい理由があり、キヨシは図らずも仲間を手に入れることができました。

そのガクトが欲しい物は「4年に1度発売される関羽赤兎馬の限定フィギュア」。

キヨシは千代とのデート、ガクトはそのデートのついでにフィギュアの入手をしてもらうということで、2人の目的は合致します。

 

そして、始まる2人の風呂場での密談。

その際、ガクトとキヨシがまるで絡み合っているような光景を、後から入って来たシンゴに目撃されてしまいます。

で、そのシーンですが、やっぱり生々しいです(笑)

こういうところはアニメが敵わないところというか、アニメでこういうことがあっても「それはリアルと切り離された世界での出来事」という認識になるので、ただ笑っていられるだけですが、実写になると何とも言えない気持ちでした。

 

あとやっぱり柄本さんの演技が上手いなと。

3話にして、このガクトも結構ありだと思えてきました。また中川さんにしても、キヨシ役にだんだんと違和感がなくなってきました。

これは、僕が実写に慣れて来たというのもあると思いますが、この2人に関しては個々の演技力(と外見の完成度)が高いためかなと考えたり。

 

ですので、2人がこそこそと計画を進めていくシーンは結構楽しむことができました。

 

 

女子の制服の入手

ガクトの脱獄プランでは、脱獄当日、キヨシは女装をして堂々と正門から脱獄を果たすということになっています。

そのために、2人は女子の制服を手に入れようとします。

ガクトがクリーニング屋の店員を引きつけ、その間にキヨシがこっそり制服を盗み出すのですが、もうちょっとガクトのラップは、しっかりやってくれてもよかったんじゃないでしょうか。

僕はあのシーンが好きだったので、少しガッカリ。

 

あと、副会長の下着に、SM(白木芽衣子)というイニシャル入りというのはどうなんでしょう?

仮にも高校生で、華美な下着にイニシャルと言えど名前入りって……ダサくない?

まぁクリーニングで大量の下着が洗われますから、自分のが分かりやすいようにという副会長の真面目さがそうさせたのかもしれませんが。

そうなるとあの学園の女子生徒は、どこかしらに名前とか書いているのかもしれないと意味もないことを考えてみたり。

 

加えて、この実写を見ていて不思議な点に気づきました。

これはアニメも同様なのですが、女生徒の制服(あと下着)なんかをクリーニングするのが男性なんですよね。

会長とかあれだけ男を毛嫌いしているのに、そういう部分は気にしないんでしょうか。

かなりデリケートな物ですし、そういう部分に男が関わっていると知ったら、即刻理事長に訴えそうな気がしますが、とまたもや余計なことを考えてしまいました。

 

あとこのシーンでアニメと違ったのが、制服を入手したキヨシが車の中に閉じ込めらたとき、アニメではキヨシが自ら機転を利かせて脱出したのに対し、実写ではガクトが角材を投げて車を停めていました。

 

なぜ、実写の方がよりあり得ないシチュエーションを利用したのか。

 

どう考えても、アニメのキヨシの機転の利かせ方の方が自然だし、素晴らしかったです。あらかじめ、タイヤ部分に洗濯籠を配置して、万が一車が発車してもそれを轢いた衝撃で、運転手は前後左右の確認をする。その際に車から脱出するという見事なシーンであり、これは見ていても「おおっ!」と驚いたところです。

 

なのに、実写ではガクトが角材をやり投げのように放り投げ、走っている車の正面の地面に突きさすという超スゴ技で乗り切ります。

ドラマ的には、ガクトに関雲長が乗り移った的なことをやりたかったみたいですが、正直なところ「それいる?」としか思えませんでした。

 

 

アニメでも話題となった「う○こMP3」

無事、制服を入手したキヨシとガクト。

次はキヨシが千代とデートしている間の不在をどう説明するかという問題の解決です。

ガクトはそれを「腹を壊したキヨシがトイレにこもり続ける」という案を提示。そのための盛大な脱糞音源を手に入れにかかります。

チャンスはパソコンの授業の1回のみ。しかし、望みを託していた「う○こMP3」はネット上に存在せず、やむなくガクトは自ら「う○こMP3」を録音します。

 

これがアニメ以上に気合いが入っていたような気がしました。

ぶちぶちぶtytyryるうryるるryる、びちちっ  みたいな(笑)

 

その後、う○こをもらしたガクトはさらに会長のスカートをずらして、ボコボコにされた挙句、バリカンで髪を全部剃られてしまいます。

f:id:chemi_mizuki:20151109093227p:plain

正直、会長役の山崎紘奈(やまざき ひろな)さんは結構微妙なんですよね。

他のキャラに関してはかなり頑張っているのに、なぜ会長(と緑川花)はこうなのか?

黒髪の女王様キャラ的な人なら、日本人でも合わせやすそうなのにすごく残念です。

 

あとお仕置きされているガクトを見て気づいたのが、副会長の下着って毎回変わったりしてます?

胸が強調される場面が多いので自然と目に入るわけですが(決してガン見していたわけではない)、そのときにふと疑問に思ってしまいました。

ちょっと次回から気を付けて見てみようかなと。

 

あとのストーリーはアニメと概ね変わらず、ガクトの髪をウィッグにして女装したキヨシが脱走を行い、千代と念願のデートを行うも、女装に使用していた制服が千代のものと判明しデートは途中で中止。

さらに、千代とのツーショット写真が理事長と会長(千代の親と姉)に送られており脱獄が判明。

次回はその罰を受けることになるというところから開始です。

 

 

まとめ

緑川花と会長に目をつぶれば、監獄学園を楽しめることがわかりました!!

ドラマ監獄学園で一番注目すべき千代ちゃんもちょこちょこ登場してくれますし、キヨシとガクトは見慣れてきましたし、3話にしてようやくドラマの楽しみ方がつかめてきました。

アニメとの違いを見つけるのもなんだかんだで面白いですしね。

 

あとドラマの方は、ストーリーがアニメに比べ若干早い感じですから、何かオリジナルでも挟まれるかもしれません。

その辺も楽しみにしておきたいと思います。

 

 作中で使用されている楽曲。疾走感のあるメロディがかっこいいのでおすすめです!

サーチライト

サーチライト

 

 ドラマ以上のエロスとバカがつまっています!