読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでも夢見る少年でいたい

イラスト、ゲーム、アニメを中心に気になったもの・ことについて書いています。

【Charlotte(シャーロット)12話感想】乙坂有宇と友利奈緒の約束は果たされるのか?最終話が待ち遠しい!

満身創痍:

緊急入院することになった有宇。そして、目が覚めると傷つけられたときのことを思い出して、また能力が発動しそうになります。

f:id:chemi_mizuki:20150921001639p:plain

それを抑えるために目時、前泊、七野は交代で見守っていたようです。
そして、落ち着いたところで熊耳が奈緒をかばって死んだことを聞かされます。

その事実に「なぜ」と動揺する有宇。七野はそんな有宇にブチ切れます。
いやいや、そもそもお前が立てた穴だらけの作戦が採用されて、こうなったんだから有宇を責めるのはおかしいでしょ。
ただの一般人が命の危機にさらされたとき、どんな事態が起こるかなんて想像できないんだから。
勝手に期待して、失敗したらキレるとかどうなの?とそんな七野に疑問を抱く僕。

そして、隼翼はというと熊耳を失ったショックから立ち直れずにいます。


その後は有宇のお見舞いラッシュ。
高城が学園の牛タンカレーを差し入れ、

f:id:chemi_mizuki:20150921001813p:plain

柚咲は手作りのシチューを持ち込み(あーんが羨ましい)、

f:id:chemi_mizuki:20150921001833p:plain

当然、歩未も懐かしいオムライスを持参します(あーんが羨ましい)。

f:id:chemi_mizuki:20150921001854p:plain

このとき、有宇は心配してくれる人たちの温かさや、あんなに嫌がってたオムライスを美味しく食べている自分に気づきます。

 


有宇の決意:

その後、隼翼から海外のテロ集団が一斉蜂起して、直に日本も巻き込まれると教えられます。
しかし、隼翼にはそれを食い止めようとする気力は既にありません。

有宇は兄の変わり果てた姿に過去の自分を重ねながらも、どうすることもできない自分を悔やみます。
そして、退院の挨拶に来た奈緒に弱音を漏らします。

f:id:chemi_mizuki:20150921001946p:plain

失った悲しみがわかるからこそ、これ以上大切な人を奪われる不幸を味あわせたくない。この力でどうにかできるならしてやりたい。

1話から見てきて、有宇は本当に成長しましたね。「クズ(笑)」「ざまああぁ!」とか言って笑ってたのに、今ではこんなに立派なって……泣けます。

あの頃はあの頃で面白かったと思いますけど、やっぱり主人公がカッコよく立ちまわってる方が気分もいいです。

でも世界が平和になったら、クズい有宇とそんな有宇を叱る奈緒の姿も見てみたい。

f:id:chemi_mizuki:20150921002008p:plain

この笑顔も嫌いじゃないぜ。

 

話は戻して、苦悩する有宇に「一つだけ方法がある」と提案する奈緒。

それは、現存する能力者とこれから発症するであろう能力者の能力を奪い去るというもの。この一時をしのぐことができれば、次回からは既に製造が始まっているワクチンで対処可能になるからだそうです。
まさに力技。奈緒も自分で言っていて、これがどれだけ無謀であるかもわかっており、それを有宇にも伝えています。

しかし、有宇はそれを聞いてなお、その案にのることを決意します。海外編がここから始まるわけですね?

 

普通だったらここから有宇の苦闘の日々、新たな仲間、サブヒロインの登場、仲間の死とかあってもおかしくありません。

能力を奪って強くなっているはずなのに、その手からこぼれていく仲間の命。不幸を味あわせたくないと願っているのに届かず苦悩する。それでも、もう止まることなどできず、そして、能力者たちを監禁している研究所を片っ端から壊し化け物になっていく有宇。最後に壊れかけながらも奈緒との再会を果たして、安らぎの笑みの中息を引き取る。
ここまで妄想した!

 

まぁ僕の妄想は置いといて、もう1クール必要になりそうなストーリー展開をばばっと飛ばしてエンディングにもっていくんでしょうか……
うーん、奈緒の案も力技なら、ストーリーも力技。非常にもったいない気がします。

あと有宇が「友利に恩があって、その友利がそれしかないというなら」という理由で決意したのもちょっと微妙です。
奈緒の案にのるのは構わないですが、「恩があるから」っていう言葉はいりますかね?
「自分では考え付かないから」とかいいんじゃないだろうか。


そして、決意を固めた有宇は奈緒に今まで抱いていた気持ちを告白します。すなわち、好きだと。

f:id:chemi_mizuki:20150921002307p:plain

い、イケメンだああぁぁ!! 誰だ、こいつは!?
そして、告白を受けた奈緒はこの顔である。

f:id:chemi_mizuki:20150921002325p:plain

うん、まぁ照れたりなんかはしないと思ってた。
奈緒ってこれまでの経験からか知りませんが、やたら自己評価が凄く低いんですよね。何話かで他人に褒められてめちゃくちゃ喜んだりもしていましたし。

なぜ恋に発展したのかわからない奈緒に、有宇は過去の出来事を交えこう締めくくります。

f:id:chemi_mizuki:20150921002359p:plain

「恋に理屈なんて必要あるか!」

ひゅーひゅー。主人公かっこいいぞー(笑)
結局言い争う2人ですが、そんなところもお似合いだと思ってしまいます。

そして、有宇を「奇特な方」と評する奈緒。奈緒ほど美人だったら一目惚れとかも多そうですが、そういうことってなかったんでしょうかね?
学園では評判やらなんやらで孤立してたから、「美人だけど関わると厄介そう」みたいな感じで敬遠されていたとか?


ここで奈緒は有宇の告白を断るかと思いきや、「待ってます」と返答し、さらには「全ての能力者を救ったら、そのとき恋人同士になる」と約束します。
で、こんな簡単に了承した理由は、有宇が本当にこれをやり遂げれば、無条件で有宇という存在を愛おしく思うだろうから。

んー? これは今の段階でもそれなりに好感度は高かったってことでいいのでしょうか?
だから、あっさりとこんな約束もした。帰ってきてもらいたいから。そういうことでしょうか?
ちょっとすんなり行き過ぎていて逆に違和感を覚えました。過去の奈緒とかが言うなら変だとは思わなかったはずですが……。
さらわれた自分を助けに来てくれたという理由で気持ちが傾いたってことなのかなぁ。
確かにピンチはピンチだったわけですが、なんか納得し辛い。結局、奈緒がさらわれたのもイマイチ理由がわかりませんでしたし。
逆に奈緒が「自分の危機を救ってくれたから」という理由を言わせたかったために、わざわざ奈緒も誘拐されたような気さえしてしまいます。
いっそのこと、奈緒もなんらかの原因で過去の自分を思い出したとかにしといてもらえませんかねぇ!

f:id:chemi_mizuki:20150921002535p:plain

そのあと二人はまた再会することを約束し、その第一歩として奈緒の能力を奪います。

f:id:chemi_mizuki:20150921002600p:plain

このシーンは凄く儚い感じがして好きです。しかし、同時に二人がちゃんと再会できるのか不安にもなります。

その夜、有宇は隼翼にもその決意を伝え、それを知った隼翼は熊耳の死を無駄にしないためにももう一度立ち上がります。
そして、日本は隼翼に任せ、有宇は海外へ飛ぶことに。
隼翼によると、能力者を短期間に集めるためには熊耳と似た能力者の力が必須だと予測しました。そいつの能力を奪って、これからの能力者探しに役立てろというわけですね。

高城や柚咲の能力も奪い、旅立つ直前には奈緒から日常会話の書かれた単語帳をプレゼントされます。
そして、いよいよ旅立ち……といったところで今回は終了。

 


今回が最終話だと思っていましたが、次回がそのようですね。
失敗の許されない有宇が、これをどうまとめて終わらせるのか期待しながら待ちたいと思います。
頑張れ主人公!