いつまでも夢見る少年でいたい

イラスト、ゲーム、アニメを中心に気になったもの・ことについて書いています。

【オーバーロード(OVER LORD)9話感想】これぞ俺tueeeの醍醐味!すっきりしたい人におすすめ。

11話が面白すぎて9話を見返してしまった。

 

chemi-mizuki.hatenablog.com

 9話の内容

ンフィーレアの捜索と救助を請け負ったモモンとナーベラルは、その犯人であるクレマンティーヌたちがいるという共同墓地へ足を運びます。

そして、モモンはクレマンティーヌ、ナーベラルはカジット他雑魚と対峙します。

 

人間蔑視の激しいナーベラルは、カジットらを早々に魔法によって塵に変えようとしますが、さすが幹部というべきかカジットのみ魔法を防ぎます。さらに、カジットは死の宝珠によってスケリトルドラゴンを使役。

f:id:chemi_mizuki:20150917135328p:plain

このドラゴンのCGはめちゃくちゃカッコよかった。

やっぱりファンタジーと言えばドラゴン! それがゾンビみたいな見てくれでもかっこいい! 僕も使役したい! できれば正統派ドラゴンを!

 

スケリトルドラゴンを使役するカジットは自信満々でこう吐き捨ててました。

「強者を強者とも理解できず死地に飛び込むのだから」

こういう人のことを馬鹿と呼ぶらしい。つまりカジットは馬鹿。

f:id:chemi_mizuki:20150917141915p:plain

魔法に絶対の耐性がある? ならば殴って殺す!

ナーベラルまじ美人。

そして、言葉通り殴ってドラゴンを地に伏せるナーベラルにカジットはこの顔。

f:id:chemi_mizuki:20150917142131p:plain

ワンピースなら鼻水出しててもおかしくない。

しかし、カジットはまだ諦めません。死の宝珠を高くかかげ、2体目のスケリトルドラゴンを召喚します。

この2体との戦闘がまたカッコよかった!

f:id:chemi_mizuki:20150917142434p:plain

この構図やばい! ドラゴンといったらその巨体から繰り出さる強烈な一撃! もちろんブレスとかもいいんだけど、やっぱりその強靭な肉体を活かした攻撃でしょ!

ナーベラルに噛みつこうとするこの画像は見ているだけでワクワクします。

2体のスケリトルドラゴンによって、ナーベラルを潰すことができると思っていたカジット。しかし、その予想に反してナーベラルは単純な腕力のみで互角以上にやりあいます。

f:id:chemi_mizuki:20150917142927p:plain

ワンピースなら両方の鼻の穴から鼻水が(ry

計り知れない力量をもつ相手に、さすがのカジットもぶるっときています。

 

 

歯には歯を、目には目を:

一方でモモンは、クレマンティーヌ相手にチュートリアルを開始します。

英雄級と呼ばれるほどの実力者であるクレマンティーヌは余裕しゃくしゃくの様子でモモンの攻撃を避け、そのたびに口汚い言葉で煽ってきます。

f:id:chemi_mizuki:20150917143401p:plain

この自分が絶対強者であるという自信が、のちに粉々に砕け散ると思うと、こいつの腹立つ言動もすごく楽しめます。

所詮、モモンことアインズ様のチュートリアル。存分に吠えるがよい。

さらに攻撃をくらわせてもダメージすら入れることができません。そのことに疑問をもつクレマンティーヌですが、そりゃ英雄クラスを軽く超越している相手が目の前にいるとは考えられませんよね。

それでもまだ戦闘を楽しむ余裕があります。

しかし、モモンの方には時間に限りあるためお遊びも終わり。

ナーベラルにも呼び掛け、自分も勝負をつけにかかります。

f:id:chemi_mizuki:20150917144312p:plain

限定解除されたナーベラル・ガンマの真の姿。月を背景にしても似合います。

f:id:chemi_mizuki:20150917144439p:plain

この見下す視線がたまりませんね。

そして、魔法が効かないとされているスケリトルドラゴンに対して、魔法で殺すと宣言。スケリトルドラゴンの絶対耐性は、実際には第6位階以下の魔法に対してのみ有効であり、それ以上は耐えることができません。

よって、それ以上を扱えるナーベラルの敵ではない。

f:id:chemi_mizuki:20150917144754p:plain

錬成陣など必要ないッ!!(ネタがわからなかったらごめんなさい)

そして、生み出した魔法によって5年の歳月をかけたドラゴンは無残な姿に。

f:id:chemi_mizuki:20150917144946p:plain

なんかキレイ(笑)

もうこの瞬間に心折られていたでしょうね。その後、灰になってこの世を去ります。

「虫けらでも焼けるといい匂いがするのね」というセリフはぞくっときました。

 

そして、場面はモモンの戦いへ。クレマンティーヌに存分に攻撃させたところでネタ晴らし。

実は私はモモンなどではなく、アインズ様だ!!

f:id:chemi_mizuki:20150917145320p:plain

目に剣刺されながらとか、笑うしかないでしょ。圧倒的強さを見せている場面なはずなのに色々と台無しです。

ずっと見てたら、あとからでもジワジワきます。アインズ様かっこわるい(笑)

 

そして、ようやくやばい相手だと悟ったクレマンティーヌ。しかし、体はがっちりと抑えられており逃げ出すこともできず、かといって殴ってもダメージは与えられない。

f:id:chemi_mizuki:20150917145626p:plain

この顔が見たかったッ!! これが愉悦か……

ねぇねぇ今どんな気持ち? ゆっくりと内臓押し潰されてるのどんな気持ち? 痛い? 痛い? でもやめなあぁい!!

このとき、クレマンティーヌははじめて恐怖で顔がゆがみますが、それを見てこっちは笑みで顔が崩れます。なんか悪者になった気分(笑)

最終的には背骨が折れ、内臓破裂で死亡……そんなところでしょうか?

 

その後、アインズは姿を変えることなく、そのままンフィーレアを救出に向かいます。

そして、それをモモンだと思って追いかけて来たハム助は、アインズを見て「なんか凄いバケモノがいる」と叫びます。

f:id:chemi_mizuki:20150917150526p:plain

すると、空から暴言に対する鉄槌がッ!! ハム太郎はこの物語での癒し。

ナーベラルが本気出してたらプチッといかれてもおかしくない。アインズに有用と判断されていてよかったな、ハム蔵! いやハム助!

そして、地下に監禁されていたンフィーレアを救出して一件落着となります。

f:id:chemi_mizuki:20150917150853p:plain

オーバーロード、完!! とついてもおかしくない画像。

モモンに改めて熱い忠誠を誓うも「あっそ」の一言で流されるハム助もいいキャラしてますね。