読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでも夢見る少年でいたい

イラスト、ゲーム、アニメを中心に気になったもの・ことについて書いています。

【のんのんびよりりぴーと11話感想】悲報。こまりに電波は届かない

 

こまりと携帯:

このみの携帯を触って嬉しそうにするこまり。

f:id:chemi_mizuki:20150916000239p:plain

僕の住んでいる所は田舎だったので、こまりの気持ちも少しわかります。携帯持ち始めたのも高校生になってからでした。
今の子って小学生でも持つのが当たり前なんですから、少し時代を感じますね。
あとこまりの中では携帯が大人への登竜門であるらしい。それを自慢げに蛍へと語ります。
しかし残念だったな! 蛍は都会で暮らしていたとき既に携帯に触っていた! つまり蛍のほうがこまりよりおとn(ry

f:id:chemi_mizuki:20150916000522p:plain

その後、このみがメールを返信するということで、「自分も送りたい(ドットコムしたい)」とこまりが言い出します。相手はちょうどメールを送って来た駄菓子屋こと楓。
しかし、さすが田舎というべきか電波が入るのがある一定の場所のみであり、このみの家の場合は庭の中心でした。
そこで腕をのばしてようやく電波が入ります。受信するまでずっと同じ態勢です。これはしんどい……

で、メールを送るこまりも電波を探すんですが、その前にメールの内容を打ちます。

f:id:chemi_mizuki:20150916000705p:plain

この人差し指打ちが(笑)初めて携帯持たせてもらったときから親指で操作していたと記憶していますが、逆に凄く打ちづらそうです。

そして苦労したのち、今度は電波探し。

f:id:chemi_mizuki:20150916000733p:plain

しかし、そこには大きな壁が存在していました。電波すら受け取ることができないこまりが可愛い。
それを指摘されたこまりは、ムキになって何とか電波を捕まえようとします。
思い切りジャンプしたらいけると踏んだこまりでしたが、成功することなく心が折られます。
そこで頼ったのが蛍。

f:id:chemi_mizuki:20150916000817p:plain

軽々とお姫様だっこする蛍ですが、結構力持ち?
「どうせなら肩車してもらえばいいのに」と思ったのは僕だけでしょうか?
しかし、ここで思い出すのは蛍のこまり好きという特性。より触れ合い、顔が近くなるこの態勢をとったに違いない!! きっと顔に出ないよう必死に感情を押し殺していたはず!

そんな蛍の力を借りて、無事メールを送れたこまりは大満足。そして、それを受け取った駄菓子屋。

f:id:chemi_mizuki:20150916000944p:plain

「メールきました。こまりです」と打ったはずなのに、惜しい!! これよく母親とかがやる失敗だ!
しかも微妙に文章が完成していて駄菓子屋が「は?」ってなる気持ちもよくわかります。

めりこみました
困るデス

……なんか外国人のカタコト日本語みたいですね。

 


画伯再び:

お正月も間近ということで、れんげは年賀状の絵を描きます。

f:id:chemi_mizuki:20150916001031p:plain

お団子ヘアーが可愛い。こんな姪がいたら、めちゃくちゃ構ってしまう。一緒にお絵描きして遊びたい(れんげ先生のセンスを少しでも吸収したい)。

その対面には帰省していたひかげ。まずはそのひかげの似顔絵(れんげ作)をどうぞ。

f:id:chemi_mizuki:20150916001104p:plain

題名「苦悩」。さすがれんげ先生。題名もセンスがあります(笑)
ひかげの周りの目を気にするという本質を表していると思われます。ホラーチックなのも味がありますね。

そして、ひかげはれんげが描く絵に興味があるようで、描きかけの絵を見せてくれるよう頼みます。
しかし、れんげはそれを頑なに拒否。それでもしつこくお願いしてくるひかげに「そすんさー」をやるよう指示。また新たなれんげ用語が飛び出します。

ポーズ付きのそすんさー。これを「そすんさーと叫びながら全力でやれ」といわれ、

f:id:chemi_mizuki:20150916001302p:plain

ソッスンサアアァーーΓ(*‘∀‘)Γ!!!

さらにそのまま空高く飛べというれんげの無茶ぶり。要は、描きかけは何が何でも見せないということですね(笑)

それでもあきらめないひかげは双眼鏡を持ち出し、こっそりと絵を覗き見ようとしますが、

f:id:chemi_mizuki:20150916001528p:plain

れんげはそれをお見通しでした。
企んでいたことをいとも容易く年下に見破られるってなんか恥ずかしいと思います。この画像なんか好き(笑)


そこで最終手段の力づくにでるひかげ。しかし、絵を見るどころか逆にマウントをとられ、

f:id:chemi_mizuki:20150916001612p:plain

れんげの「そすんす(鎖骨狙いの百裂拳)」が炸裂!! 

そすんす使いのれんげは動きを捕えられません。れんげは本当に何者なんだ……

ちなみに「そすんさー」は「そすんす」の使い手のことらしい。これでまた一つれんげ語録が増えました。

その後、諦めたひかげを放って黙々と絵を描き続けるれんげ。
出来上がった絵がこちら。

f:id:chemi_mizuki:20150916001730p:plain

自然と逆さ絵(猿と羊)を完成させてしまう。本当にれんげの才能が恐ろしい。れんげの将来って、どの道を志しても大成しそうな感じがします。もちろん、画家としての未来が一番想像しやすいですけど。


最後は家に帰った蛍の甘えん坊ぶりで締めくくり。

f:id:chemi_mizuki:20150916001757p:plain

母に甘え、遅くなる父が帰るまで起きているとだだをこねたりと年相応な反応をみせます。
妻は美人だし、娘も可愛くて、その上パパ大好きとか、蛍の父親は完全なる勝ち組。そりゃ仕事も遅くまで頑張っちゃいますよね。


今回は笑いどころも多い回でした。