読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでも夢見る少年でいたい

イラスト、ゲーム、アニメを中心に気になったもの・ことについて書いています。

【Charlotte(シャーロット)11話感想】ツッコミ所満載の面白い回でした!!

アニメ アニメ-Charlotte

兄との再会:

有宇は歩未とともに研究所を訪れ、兄・隼翼(しゅんすけ)との再会を果たします。

そして、略奪の能力に目覚めた有宇は学園に戻ることはできず、能力が消えるまでその研究所で過ごすことになりました。

研究所では現在、超能力を発症させないためのワクチンを研究しているところ。

つまり、超能力とは病気の一種であり、75年周期で地球周辺に近づくシャーロット彗星が特殊な粒子を振りまくことで感染します。そして、感染した者は多感な年ごろに成長したとき脳の眠っている領域を呼び覚まし力を引き出す。それが超能力であるらしい。

今回と同じような現象は400年前にも起こっており、それが欧州で行われたという「魔女狩り」とリンクされています。

じゃあ、それ以外の年はどうなったのかと気になりましたが、特に言及なし。

まぁ大接近した年がその400年前と今回で、そのために大量の超能力者が生まれたと解釈しておきます。

11話の題名「シャーロット」というのは全ての元凶であるこの彗星を表していたんですね。

f:id:chemi_mizuki:20150913111523p:plain

このとき説明をしてくれている研究者は、前の世界で有宇を助けてくれた人でした。

世界が変わっても味方でいてくれるというのは見ていて嬉しいものです。あと歩未可愛い。

そして、その肝心のワクチンは既に製造が始まっており、今後同じようなことが起きることは二度となくなるようです。ここまでこぎ着けたのは凄いとしか言いようがない。

しかし、いいお話もここまで。粒子は地球規模で振りまかれているわけで、海外では能力者が結託しテロを起こす危険性があると……

「ワクチンを使えばいい」と有宇は訴えますが、感染者には効果があっても既に能力に目覚めた者には効果がありません。

世界は依然不安定ですが、隼翼は「お前ら(有宇と歩未)のことは俺が守ってみせる」と啖呵をきります(フラグ)。

 

ここで、有宇は「兄の記憶を歩未にも取り戻させてほしい」と頼みますが、「それは不可能であり、なぜ有宇がその記憶を取り戻したのかは謎だ」と隼翼は言います。

前々から思っていましたが、これちょっと引っかかりますよね?

タイムリープの力が関係しているのか、はたまた別の能力が関係しているのか……気になります。

 

それから歩未は隼翼に勉強を教えてもらい、有宇は手持無沙汰に。

f:id:chemi_mizuki:20150913113535p:plain

そこへ現れた目時。シスコンであることをズバリ言い当て、有宇はタジタジ。

というか、この目時エロくない? このポーズがそれをより強調している気がする!!

このあと目時に連れられて麻雀をしに行きます。

 

 

裏切り:

f:id:chemi_mizuki:20150913114109p:plain

麻雀の途中、熊耳は超能力者を発見し、それを伝えるため学園に行くことに。

彼の能力は無作為であるため、都合よく超能力者を探せるというわけではありません。

そして、ここから雲行きが怪しくなります。

初っ端からこの運転手(古木)の挙動が少しおかしかったですが、ここで熊耳を学園ではなく他の場所へと連れて行きます。

最初、古木は敵側のスパイなのかと思っていましたが、どうやら家族を人質にとられて脅されている模様。

元能力者であり、隼翼の仕事を手伝えることを誇りに思っているが、大切な家族を見捨てることができず裏切ることに。

組織の規則では家族持ちは辞めなければならない。しかし、古木はそれを承知で家族がいることを隠して隼翼たちを手伝っていました。当然ですよね。今回のような人質にとられる可能性があるわけですから。

というか、古木も誇りがあるなら辞めとけよッ!!

 

大人だし、熊耳の能力がわかっているなら、この後熊耳がどういう仕打ちをうけるかぐらい想像できるだろ!!

熊耳が喋らなければ強制的に喋らされるだけ。拷問をうける可能性が高い。

そうなったら、超能力者の居場所は筒抜けになります。映画とかで拷問を耐え抜くとかありますけど、実際は4,5時間あればほとんどの情報が入手できるとノンフィクションの本で読んだことがあります。「夜と霧」だったかな(違ったらすいません)?

誇りをもっていた割に、「許してくれ」の一言で誇りもろとも全てを売った古木。

なんだかなー。いや、家族が大事なのはもちろんわかります。そりゃ命がかかる場面で家族と他人が助かるとなったら、自分の命を犠牲にしてでも助けたいって思うかもしれない。

しかし、今回の場合は未然に防ぐことができたんだし、何より古木は想像力が足りない。人質が無事だという保証もないし。誇りもってんなら、家族をもたない覚悟をしておくか、切り捨てるくらいの覚悟をもつべきじゃないの?

f:id:chemi_mizuki:20150913120654p:plain

 廃墟で脅迫者たちと会います。で、後ろの男はなんで半裸? 暑いの?

右のヒョロイのが通訳者で、左の少女と半裸が能力者のようです。そして、真ん中がボス。隼翼の言っていたテロ組織っぽいです(人数少なくない?)。

f:id:chemi_mizuki:20150913121155p:plain

ちゃんと熊耳を連れて来たのに、家族は返してもらえずまた何かをさせられる古木。熊耳に謝りながらその場を後にします。

熊耳も優しいです。「家族のことだけ考えていて下さい」なんて普通言えない。

僕なら連れていかれる前に、古木殴って車から脱出しようとします。スパイがいたことがわかったし、研究所やらの警備や関係者の洗い出ししないといけません。

古木の家族をとるか、その他多数の能力者(自分含め)をとるか。絶対後者をとる。

だって、親友でもある隼翼は視力を失ってまで何度も何度もタイムリープして、今度は有宇まで跳んで築き上げた世界ですよ? それをこんな形で終わらせることなんてできない。

見殺しにしたという罪悪感を抱いて生きるかもしれないけど、ここで選択しなかったら「何のために」やってきたのかわからない。

 

 

有宇の選択:

その後、気絶させられて縛られた熊耳は拷問にかけられます。予想通りの展開です。

そして、熊耳から得た情報をもとに能力者を拉致。

f:id:chemi_mizuki:20150913123328p:plainそれは奈緒でした。このとき他の能力者も拉致されたかはわかりません。

それから隼翼の携帯に「熊耳と奈緒という人質を解放する代わりに、有宇を差し出せ」と電話があります。

ここで不思議なのがなぜ奈緒の名前も出したのかということ。熊耳は貴重な能力であり、隼翼の右腕的存在ですからわかります。しかし、奈緒はそうでもない。

生徒会として能力者の保護の前頭指揮をとっていたから? それとも隼翼が可愛がっていたことを聞いたからでしょうか? 

 

電話は続き、乙坂有宇(最強の能力者)を誘拐することは学園設立前から計画されていたようです。

そして、計画がずれるようなことがあれば、過去が改変されたとみなして古木の家族を殺すと脅します。

これどういうことでしょう? 過去が改変されたってどうやって知るんでしょうね? やっぱり能力者でしょうか。タイムリープが行われたら、その記憶を引き継ぐ能力? もしそういった存在がいたとしたら、タイムリープが行われていたことを知っていたことになりますね。そして、その能力者はテロ組織に属していた。だから脅せた?

 

もうやっぱり古木の家族を見捨てるべきでした。熊耳の時点で。

古木が裏切っていたのは学園設立前からと判明。「自殺も考えた。でも家族を残しては逝けなかった」と涙ながらに語る古木ですが、もう今更ですわ。

だからなんで家族もったんだよ!! というか家族もった時点で組織抜けろ!!

最後には「だからこんなことに!」とか自分に怒る古木ですが、「全くその通りだよ」と冷静に返しておきます。

こっちはその涙にも共感できないし、むしろただの裏切り者ですから。

 

さらに、隼翼は古木に家族がいることを黙認して組織に入れていました。これ古木もあれだけど、隼翼もダメダメじゃないですかー!

組織に家族持ちを入れないという規則はどうしたッ!! 頭キレキレの隼翼がこういう事態になることを予想できなかったはずないでしょ!? 何度も失敗して仲間を拉致されたりして失敗してきたんじゃなかったの!? なんで不安の種を自ら残すような真似をしたの!?

 

もう訳が分からないよ……

 

そのせいで今度は守ってみせると言った有宇を危険にさらすことになるという。

隼翼は昔ながらのメンバーと相談しますが、古木の家族を犠牲にすることはできないらしい。なんで?

そして、結局有宇を一人で行かせて奈緒たちを救出させる方向で話が進みます。だからなんで?

失敗してもタイムリープができるからやり直しが可能だと? 相手は過去改変のことを知ってるのに、それが封じられるとか考えないの?

なんでここにきて隼翼はポンコツになってんの?

f:id:chemi_mizuki:20150913130828p:plain

そして、呼び出されたかと思うと、熊耳と奈緒を助け出せ、失敗したらタイムリープ、興奮して崩壊の能力を使わないようにしろと言われる有宇。

しかし、その急な話を聞いて「できるはずがない」と興奮して崩壊の力が発動しそうになります。

これは仕方がない。何の気構えもなくそんなこと言われてもできるはずがありません。

しかもすぐそこに自分の命の危険があります。隼翼のときとは違います。隼翼には色々と準備する時間がありました(それでも困難な道のりだったと思いますが)。

 

でも奈緒が危険であれば、今の有宇に行かないという選択肢はありません。

結局、一人でテロ組織の元へと行くことになります。

というか、ここでもっと自己中になれよ、有宇!!

f:id:chemi_mizuki:20150913132247p:plain

奈緒が危険にさらされたんだぞ? それを改変することができる力があるんだぞ?

今からタイムリープして、熊耳が行くのを阻止するでも古木のことを告げるでも、とにかく過去を変えろ!!

古木は超能力者と家族を天秤にかけて家族をとった。

なら、有宇が古木の家族と奈緒や熊耳の命を天秤にのせて後者をとってもいいはず!

なんで自分の命をかけて助けに行くという勝率の低い賭けにのる!? 自分でも「自分のことしか考えてこなかった嫌な奴だ」って言ってたじゃん! 普通の人間はそうだよ!

まずわが身が可愛いに決まってる! それから自分に近しい人、手の届く範囲を助けようとする! それが当たり前! 

「失ってから気づいたら遅いんだ」ってのはその通り。だからタイムリープしろ。

 

なんでここに来て隼翼のいう事をほいほい聞くんだよ……

 

アニメの都合上ですね。はい、静かにします。

f:id:chemi_mizuki:20150913132833p:plain

そして案の定、片目を切りつけられてタイムリープを封じられます。タイムリープは両目が見えてないと使えませんからね。絶体絶命です。わかってました。

有宇も超能力を使って応戦しようとしますが、所詮素人。さらに傷つけられて、その痛みから崩壊の能力を使ってしまいます。激痛で興奮するなというのが無理な相談です。

廃墟を崩壊させ、自らは念動力で防げたものの、捕まっていた熊耳たちはどうすることもできず、

f:id:chemi_mizuki:20150913133324p:plain

どうやって縛られた状態から抜け出しかはわかりませんが、熊耳は奈緒をかばって亡くなります。

 

ここで今回は終了です。次は最終回ですが、片目が傷つけられた有宇は果たしてタイムリープを使えるのか?  そして使えたとして使うのか? そこが一番気になります。

 

今回死んだのは熊耳のみ。テロ組織の主犯は気絶しているところを発見されました。

脅威は一旦去ったと考えてもいいでしょう。今後、同じようなことが起きないよう人選し直すとともに警備の強化をすれば、そうそう問題は起こらないでしょう。

あとはこれまで通り能力者の保護をして、有宇は奈緒にアタックすればいい。

 

でもこれで終わりだと「大切な何かを失っても運命に立ち向かう」ってことにはなっていません。

f:id:chemi_mizuki:20150913140111p:plain

このときの有宇はまだ「大切な何か」を失っていません。むしろ「大切な何か(歩未)」を取り戻した状態にあるわけですし。

右側は完全に兄、隼翼のことを言ってましたね。なら、過酷な運命の結末(=親友の死?)ともとれます。

ということは、あと1話で有宇が「大切な何か(奈緒関連のこと?)」で失うのか?

それとももしかして「大切な何か(歩未)を失うとしても、少年は運命(歩未を取り戻すため)に立ち向かう」ということで終わってたりします?

 

 

最後に:

隼翼としてはやはりタイムリープをしてほしいでしょう。

しかし、タイムリープをしてもいつに跳ぶのかが問題になるので、隼翼が熊耳の死を受け入れる可能性もあります(でもあれだけ取り乱していたから、受け入れるのは難しそう)。

何度も言いますが、今回の死亡者は熊耳のみ。結果として最小限の被害で済みました。

ただタイムリープが行われない場合、今後の能力者を探し出すことがかなり困難になります。

仮に熊耳を助けたとして、今度は奈緒の身がより悲惨な目にあうとか……ちょっと考えてしまいました。

 

あとは有宇の記憶が戻ったきっかけともなったジ・エンドのボーカル、サラ。彼女の動向も気になります。意味ありげな関わり方をしていますし、登場しそう。

どういう終わらせ方になるのか楽しみです。 

 

古木の裏切りの件、古木の家族を見捨てる判断はやっぱり冷たすぎるんでしょうかね? 事前に防げた事態であるだけにモヤモヤしました。