読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでも夢見る少年でいたい

イラスト、ゲーム、アニメを中心に気になったもの・ことについて書いています。

【ゴキブリ退治駆除】洗剤?アロマ?結局スリッパが最強という結論に行きついた【奮闘記】

その他

前住んでたところでは一度も見なかったので、今回も大丈夫だろうと高をくくっていたら普通に出てきました。

 

ゴキブリのインパクトが強い

なんというか、家の中で動き回るゴキブリってインパクトがありますね!!

 

白い壁をカサカサ動いているとことか、長めの触角をユラユラ動かして何かを探っているとことか。

自分の生活範囲にいるから余計に衝撃を受けるのかも…

外とかでも見ても「ちっ目障りな…」くらいなのに、家の中だと「うおおおい!出ちゃったの!?出ちゃったよ!ちくしょう!!」になります。

 

ゴキブリを見たのは確か1週間前。

そのときはこのブログを書いているときと同じ時間帯(午前0時くらい)でした。

最初はなーんか黒いものが動いているなって感じで、「でかい虫が入って来た(ゴキブリも虫だから間違ってないんですが)。速攻で片付けよう」と思ってしっかり見たらゴキブリで。

そこから即座にそのあとを追っていきました。

 

ここで奴を逃がしたら僕の安寧は崩れ去るッ!!!!

f:id:chemi_mizuki:20150714093831p:plain

まぁこんな心境ですよね。

奴は既に台所へと向かう途中で、仕留めそこなえばもう手出しできません。

焦る気持ちを抑えきれずに僕はスリッパをもって、奴の背後を取りました。

「やれる!」きっとこの慢心がよくありませんでした。

ぱぁん!と大きな音とは裏腹に奴は紙一重で僕の一撃を避けたのです。

そこからは早かった。きっと危機を感じ取ったんでしょうね。

 

ササッ!! サササーササーーーーッ!!(ゴキブリの逃走の様子)

そのまま食器棚のある隙間にイン。

 

久々に「あああっ!!!」と大きな叫び声を上げた気がします。

もうそれから寝るときとか、ゴキブリのイメージが頭をちらつきます。

 

寝てるときに復讐のために僕の顔の上を這いずり回ったらどうしよう。

 

もし口の中に入ってきてうっかり噛んだらどうしよう。

 

そういえば映画で大量のゴキブリに飲み込まれる人間とかいたな。

 

あのユラユラ揺れてる触角で肌を撫でられたら…などなど。

 

とにかくいろんな考えが頭の中を駆け巡って眠れなくなりました。

「とりあえず対策をとろう」と『ゴキブリ 対策』などでググりました。

そして多くの人がゴキブリで困っているのを見て、僕は一人じゃないと少し安心しました(笑)

しかし、安心している場合ではなく奴をこの家から駆逐してやらなければなりません!

 

f:id:chemi_mizuki:20150716095923p:plain

 

「駆逐してやる…この家から…一匹…残らず!!」

巨人を前にしたエレンごとく。僕はベッドの上で寝っ転がってスマホを握りしめました。

そして闘志が湧きあがるとなんか眠くなってきたのでそのまま寝ました。

 

それから数日後、とりあえずゴキブリホイホイを設置。

「これで奴も臭いにつられて終わりよ」と台所付近や冷蔵庫の隙間など4か所。

あとは寝て待て。

 

しかし、無情にも奴はまた僕の目の前に現れました。

時間帯は深夜。水を飲もうと台所に立って蛇口をひねろうとしたときです。

シンクと三角コーナーの間から顔を出してくれやがりました。

このときは本気で体がびくっとしました。しかもシンクって僅かな振動でも音が反響するので(気のせいかもしれませんが)奴の動いてる音がね……

そのときの気持ちたるや、これが絶望かと。

だって僕の立ってる後ろにはゴキブリホイホイあるんですよ!

その横のコンロの後ろにも仕掛けてあるんですよ! 冷蔵庫の隙間にも縦型にした奴置いたんですよ!

 

なのに、奴は現れた!!!

f:id:chemi_mizuki:20150721110727p:plain

何がゴキブリホイホイだよ…

ホイホイできてねぇよ…

 

出来る限り怒りを抑えながら、何とか一矢報いたいと台所洗剤をぶっかけてやりました。はずれました。

また隙間に逃げていきました。呆然としました。

 

それからまた数日後、このブログを書いている日がやってきました。

つまり奴を殺せた日の到来です。

ゴキブリホイホイ? 全然役に立ちませんでした。

しかも今回の登場でも盛大に驚かせられました。

なんせ奴は壁から壁へと飛びながら移動してました。羽をはばたかせて元気いっぱいです。

しかし、そんな元気な姿を見せられても1ミリも嬉しくない。一刻も早く息の根を止めてやりたい。その一心でした。

というか、ゴキブリって生命の危機に瀕しているときに飛ぶって聞いたんですけど、普通に飛んだりもするんですね。知りたくもない事実でした。

幸いなのはベッドの上とかに落ちなかったことです。これは本当にラッキーでした。

 

それから息を殺して獲物を狙う狩人のように静かに待ちました。右手にはスリッパ(底が厚くてちょっと重さのあるやつ)。

同じミスを犯さぬように最小限の振りで最大限の威力を。

一撃目で奴は床に落ち円を描くように動きました。この時点でかなりダメージがあったようです。逃げるというよりもがいていました。

追撃は全体重をのせるように真上から。潰してやりました。

なんか中身とかも出た気がしましたが、そんなものもあまり気になりませんでした。

f:id:chemi_mizuki:20150716091805p:plain

それよりも駆逐できたことに喜びのほうが大きかったです。

 

自らの手でゴキブリを殺す。

僕はこの方法が一番性に合っているようです。いやホイホイにかかってくれたら、それはそれでよかったんですがダメでしたしね。

でも一応捨てるのももったいないのでそのまま放置してます。

1匹いたら30匹はいると思えって言われる憎き虫ゴキブリですから。

 

とにかく、

スリッパ=最強。

いつ奴が出てもいいように用意しておくことをおすすめします。