読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでも夢見る少年でいたい

イラスト、ゲーム、アニメを中心に気になったもの・ことについて書いています。

凄く紹介したいコスプレイヤーを発見したけど、本人に連絡をとる勇気が出ない。

本人に連絡とる勇気がないし、勝手に個人のアニメブログなんかで紹介したら迷惑かもしれないとか色々と考えてしまって、行動に移せない。

チキンなブログ運営者とは僕のこと。

chemi-mizuki.hatenablog.com

 半年前の僕の勇気を分けてくれ! 勇気って消耗されていくものだったんだ……知らなかった。

 

そのコスプレイヤーさんは、僕の好きなキャラクターを見事に再現されていて、一目見た瞬間にビビッと来た。

きっと二次元の世界から飛び出して来たら、こんな感じなんだと見惚れたことは初めてだったかもしれない。

自身を装って、キャラに扮するコスプレイヤーは前々から凄いなぁと思っていたけど、今回の一件でよりその思いが強くなった。

コスプレイヤー凄いぜ!

連絡入れてみようか、入れないでいようか

こうして、ブログを書いている間もずっと考えている。

一応、宣伝効果としては月平均で15万PVくらいはあるから、サイドバーの上部とかに置いておいたら、その方の宣伝にも一役買えるかなと思ったり。

 

でも、だからといって、

「○○というブログを運営しているchemiと申します。 ××様のコスプレがとても素晴らしいので、ぜひ当ブログでご紹介したいと思い連絡させていただきました」

と言えるほど大層なPV数というわけでもない……

 

これが50万PV!とか、80万PV!とかだったら、

「当ブログは月に50万PVあるので、サイドバーに記事を置いておくと○○ほどのアクセスがあり、××くらいの宣伝効果が望めます!」みたいなことを自信を持って言えるんだけどね。

でも、ブログのアクセスを急激に伸ばすことなんてできないから、50万PVを達成してから連絡をとるとかになると、普通に年単位の時間が必要になる。

しかも、その年単位の時間を要しても、そこまでのアクセス数が獲得できるとは限らない。

だったら、ダメ元で連絡をとってみるしかない。

 

とわかっているものの、「ど・う・し・よ・う・か・なー?」とためらってしまう。

f:id:chemi_mizuki:20160519101406j:plain

でも、すごく紹介したい。やる気だけは満ちあふれている。ただ、行動には移せないだけ。

 

まとめ

こういうときに便利なのが、「秘技:もうちょっと考えよう」という名の先送り。

こうやって先送りしている間に、ぱぱっと行動できる人に抜かれていくんだろうなぁ。

でも、もうちょっとだけ考えよう。なんか良い案が浮かんで、最高のアプローチができるかもしれない。

 

頑張れ、未来の僕!(でも、その未来の僕もそのまた未来の僕に期待を寄せ、そのまた未来の僕もその先の未来の僕に期待寄せ……という延々に続く期待の連鎖が続いていきそう)