読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつまでも夢見る少年でいたい

イラスト、ゲーム、アニメを中心に気になったもの・ことについて書いています。

敏感肌やニキビに悩む人におすすめしたい石鹸コラージュフルフル!

今の時代、男でも洗顔や化粧水、クリームを使っての美肌ケアは常識となりつつある。

かくいう僕も思春期あたりからニキビが発症し、美肌とまではいかずとも肌のケアには色々と関心を寄せていた。

洗い方はもちろん、洗顔料も色々と試してきたし、すすぎ方からタオルでのふき方まで試した。

 

そんな僕が最近出会った持田製薬の石鹸「コラージュフルフル」が、かなり良かったので紹介する!

洗顔後に肌がつっぱったり、化粧水にヒリヒリしたりする敏感肌の人やニキビに悩まされている人にぜひおすすめしたい。

コラージュフルフルでヒリヒリが解消

f:id:chemi_mizuki:20160810102012p:plain

そもそも、僕がこの「コラージュフルフル」と出会ったのは単なる偶然だった。

あるとき、実家に帰ったとき、風呂に入ろうとしていつも使っている洗顔料を持ってきていないことに気が付いて、「どうせ数日の滞在だし、まぁ風呂場においてある物でも使わせてもらおう」と思ったのがキッカケ。

 

その裏面に書かれた「効能・効果」の部分にも、「皮ふの清浄・殺菌・消毒、体臭・汗臭及びニキビを防ぐ」とあったので洗顔料として使えるとすぐにわかった。

 

そして、それを泡立てて洗顔し、風呂上りにタオルで水気を取ったときにびっくりした。

なぜなら、これまで感じていた肌のツッパリがなかったから!

さらに、それだけにとどまらず、化粧水をつけたときにヒリヒリすることも一切なし!

もしかして、この洗顔料こそ僕にベストマッチしたものではないだろうか。そのとき、初めてそういう感覚に陥った。

 

これまで使っていた市販の物も別段悪いとは言わないが、どの洗顔料を使っていても自分の肌がヒリつくのは「もう仕方がない」と諦めの境地にあったので、この「コラージュフルフル」の衝撃は大きかった。

 それから数日の間はそれを拝借し(母よ、勝手に使って申し訳ない)、帰宅してからは即座にネットで注文!

 ただ洗顔料にしては値段がかなり高い! 市販の物が400~500円くらいなら、それのざっと5倍ほど。

やばい……しかもその値段に対して量は250mlと少ない。

もしかしたら、女性にとってはこのくらいのスキンケア商品の値段は普通かもしれないけど、男の僕からしたらいい値段に見えた。

 

だがしかし! その使用感を知ってしまった僕がこの値段でためらうことがあろうか! いやない!

 

それで肌の状態が保てるなら、改善されるなら、このくらいの値段は払う。

プロアクティブとかいう全く効果のない物を信じ続け(これもいつか記事にしたい)、「これ以上の金を払って肌を悪化させた」という結果しか得られなかった過去を持つが故に、既に実感として得られた「コラージュフルフル」を買わないという選択肢はない。

 

コラージュフルフルに感謝を

 その後はずっとコラージュフルフルを使っているわけだけど、ニキビもほぼできることはなくなったし、洗顔後にツッパリやヒリつきを感じないのも嬉しい(なんか肌に優しい感じがするから)。

なので、これからも肌が変化しない内は、このコラージュフルフルに頼ろうと思う。

 

コラージュフルフルのタイプには液体石鹸の他にも、泡石鹸があるから「泡立てるのが面倒」と思う人はこちらをどうぞ。

 ただ、注意点としては、値段が高い上に人それぞれ効果が違うだろうから、僕の場合はかなり良い買い物になったけど、そうはならない人もいるだろうということ。

だから、最初は量が半分で価格も半分のもので試してみるのもいいかも。

また、このコラージュフルフルは顔の他にも全身に使えるようになっているので、気になる部分があるなら体の洗浄用としてもOK。ただ、それをやるとただでさえ少ない容量が一気に減ることになってしまうので、そこはお財布と相談。

 

 スキンケアは気を長くもって付き合っていく必要があると思うので、早めに自分に合う洗顔料なり化粧水に出会えると有難い。

今回は本当に偶然でしかなかったけど、この出会いに感謝したい。

 

まとめ

 男の中でも洗顔に無関心なのに、肌がめちゃくちゃキレイな奴がいて「世の中って理不尽……」と思うことがある。しかも、そういう奴は思春期のときから全く肌トラブルがないっていうね……神様! もうちょっとだけ分配を等しくして!

でも、へこんでいても仕方ないので自分でケアをしていく!

 

頼むぞ、コラージュフルフル!(コラージュフルフルってなんか名前が可愛くない?)

 

泡立てネットだって使う。

男だってパックする時代だから