【終物語2話感想】老倉の正義、阿良々木の始まりを知る旅路。まだ老倉に怖さしか感じない。

1話で老倉の過去が語られ、今回その老倉と再会を果たす阿良々木。 時間の経過が何らかの変化をもたらしているかと楽観していましたが、事態はより悪化していました。 阿良々木を前にして「嫌い」を連呼する老倉。 ここまで嫌悪の感情をむき出しにされたら対面しているのもきついです。